アールエムエス、複数ホスト名で使えるEV SSLサーバ証明書を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


アールエムエス、複数ホスト名で使えるEV SSLサーバ証明書を提供


掲載日:2013/09/19


News

 株式会社アールエムエスは、米国DigiCert,Inc.の代理店として、複数ドメインからなる複数ホスト名(FQDN)で利用できるマルチドメイン対応のEV SSLサーバ証明書「EV マルチドメインサーバ証明書」の提供を開始した。

 「EV マルチドメインサーバ証明書」は、証明書のサブジェクトの別名欄を利用することで、1枚の証明書に対し最大25ホスト名を追加できる。インストールできるサーバ台数(IPアドレス数)が無制限で、複数のサーバ上で複数ドメイン名/複数ホスト名を管理している場合でも、追加ライセンスの購入が不要。自由度に優れ、クラウド環境での利用にも適している。

 証明書を複数用意したり通常のSSLと使い分けたりする手間を省け、フィッシング詐欺対策やコンバージョン率向上も図れる。また、DigiCertは証明書発行団体としてMicrosoftから推奨されていて、同証明書はMicrosoft ExchangeやOffice Communications Server、Microsoft Lyncサーバでの利用にも適している。

 価格は、1年間有効で6万8460円、2年間有効で10万9095円、ホスト名の追加が1ホスト名あたり、1年間有効で1万5750円、2年間有効で2万7300円(いずれも税込)。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

“情報漏洩体質”と今こそ決別する「データセキュリティ4カ条」 【KDDI】 手間やコストを極力かけず、企業ITの認証環境を強化する 【エントラストジャパン】 RADIUSアプライアンスサーバ シリーズ 【インフィニコ】 新しい認証の世界が広がる、追加コスト要らずのWindows 10とVPN 【日本マイクロソフト】 Entrust(R) Web認証・アクセス制御ソリューション 【エントラストジャパン】
認証 認証 認証 認証 認証
脅威は外部攻撃だけではない 内部からの情報漏えいを防止する4カ条 サイバー攻撃の巧妙化、クラウド利用の拡大などによって、今まで以上に認証の重要度は増している。手間やコストを極力かけず、企業ITの認証環境を強化するための勘所とは? Made in JAPANの省電力RADIUSアプライアンスサーバ。シリーズ全製品が異拠点間での冗長構成が可能。多様な認証方式、IPv6に対応。外部AD連携機能標準搭載モデルも用意。 新しい認証の世界が広がる、追加コスト要らずのWindows 10とVPN 世界中1000万以上のユーザを持つ認証セキュリティ強化ソリューション。
コスト効率に優れ様々な認証を組み合わせ利用可能。
スマートフォンOS対応トークンも提供。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20050274


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ