日本IBM、ビデオ会議機能強化したコラボレーション・ソフト出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本IBM、ビデオ会議機能強化したコラボレーション・ソフト出荷


掲載日:2013/09/18


News

 日本アイ・ビー・エム株式会社(日本IBM)は、リアルタイムのコミュニケーションを図れる、ユニファイド・コミュニケーション&コラボレーション・ソフトウェア製品の新版「IBM Sametime Complete V9.0」の出荷を9月20日に開始する。ライセンス利用料金は、1ユーザあたり1万6700円(税込)。

 「IBM Sametime」ファミリーは、ビジネスでの判断が求められる際に、必要なメンバーを迅速に探し出し、連絡を取り、必要な情報とコミュニケーションを効率的に進めることを支援する、リアルタイム・コミュニケーションのための手段を包括的に提供するソフトウェア製品。今回出荷される「IBM Sametime Complete V9.0」では、より多くの人数で活用できるビデオ会議機能の拡張など、リアルタイム・コミュニケーションをより効率化するための機能強化が行なわれ、インスタント・メッセージ、音声/ビデオ会議、音声通話の3つの要素が統合されている。

 グローバルにまたがる業務や様々な働き方を更に支援する、ビデオ会議の機能が拡張されている。画像圧縮技術の国際標準H.264/SVC(Scalable Video Coding)に対応し、ビデオ画像の安定化を図れるほか、複数人数で画面分割型の会議を開催できる。ソフトウェアMCU(Multi-point Control Unit:多地点接続装置)が追加されていて、より多くのビデオ会議を同時に開催できる。また、専用クライアントに加え、ブラウザ経由でも複数分割画面でのビデオ会議を利用でき、業務用の端末不要で、IDとパスワードがあればビデオ会議に参加できる。従来は別途追加ライセンス購入が必要だったIP電話機能では、社内内線でIP電話を利用でき、社内通話にかかるコストの削減を図れる。

 社外メンバーを一時的にユーザとして扱えるライセンス体系が採用され、「Sametime」を利用している企業のユーザが、社外の取引先や企業をまたがるプロジェクトチームなどと、コミュニケーションや会議などを行なえる。

 また同社は、各機能に特化した「IBM Sametime」ファミリーの新バージョンの出荷も9月20日に開始する。今回出荷されるのは、インスタント・メッセージ、ファイル共有機能の「IBM Sametime Communicate V9.0」、音声/ビデオ会議機能の「IBM Sametime Conference V9.0」、オンライン電話機能の「IBM Sametime Unified Telephony V9.0」。


出荷日・発売日 2013年9月20日 出荷
価格 −−−

関連キーワード

「日本アイ・ビー・エム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「グループウェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「グループウェア」関連情報をランダムに表示しています。

「グループウェア」関連の製品

クラウドグループウェア 「サイボウズ Office」 【サイボウズ】 クラウドグループウェア 「サイボウズ ガルーン」 【サイボウズ】 「サイボウズ Office」カスタムアプリ機能 【サイボウズ】 Office 365 vs. Office 2016、選択を迷わないために知るべき違いとは 【日本マイクロソフト】 中堅・中小企業向けの統合グループウェア 「サイボウズ Office 10」 【サイボウズ】
グループウェア グループウェア グループウェア グループウェア グループウェア
50000社に選ばれた定番グループウェア。ユーザ権限や部署により使用機能を柔軟に設定したり、欲しい機能をスクラッチ開発せずに追加できるカスタムアプリも活用できる。 企業内コミュニケーションの活性化を支援するクラウド型グループウェア。ユーザの使いやすさに加え、大規模環境でも臨機応変に対応できる管理性を備えている。 表計算ソフトなどで管理しているデータを、中堅・中小企業向けの統合グループウェア 「サイボウズ Office」上で、データベースとして活用できる機能。 Office 365 vs. Office 2016、選択を迷わないために知るべき違いとは 50000社に選ばれた定番グループウェア。ユーザ権限や部署により使用機能を柔軟に設定したり、欲しい機能をスクラッチ開発せずに追加できるカスタムアプリも活用できる。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20050241


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > グループウェア > グループウェアのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ