イージェネラ、異機種ブレード288台を一元管理できる製品を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


イージェネラ、異機種ブレード288台を一元管理できる製品を発売


掲載日:2013/09/18


News

 イージェネラ株式会社は、異機種(HP/IBM/NEC/富士通)間のブレードサーバ上で稼働し、各社のI/O仮想化機構を利用してハードウェアの機能を最大限に利用でき、データセンタの運用を簡素化できる製品「PAN Manager 7.5.12」を発売した。

 「PAN Manager 7.5.12」では、16筐体までをあたかも1つの筐体であるかのように扱えるため、異機種間で最大288台のブレードを一元管理でき、N+1高可用性(287+1)の機能も提供される。これにより、システムの複雑さ/リスク/コストを削減できるほか、「PAN Manager」が標準装備する高可用性/災害復旧機能を用いて、システムの信頼性と堅牢性を保てる。


出荷日・発売日 2013年9月17日 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「サーバー管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「サーバー管理」関連情報をランダムに表示しています。

「サーバー管理」関連の製品

肥大化するデータをどう対処する? ファイルサーバの課題とは 【ジャストシステム】 ファイルサーバ統合管理システム「GDMS 4.0」 【ジャストシステム】 高可用性クラスタリングソフトウェア 「CLUSTERPRO D」 【日本電気】 ファイルサーバー管理ツール「GDMS」 【ジャストシステム】 物理サーバの役割を30秒で変更、仮想化不要でインフラ構築を自動化するには? 【日本ヒューレット・パッカード】
サーバー管理 サーバー管理 サーバー管理 サーバー管理 サーバー管理
過半数が「ディスク容量不足」に不安、ファイルサーバの課題にどう対応する? 肥大化したファイルサーバを素早く「状況把握」「整理」するシステム。アクセス権の設定や変更、申請・承認フローまで自動化し、アクセス権管理を一元化する機能も有する。 業務システムの障害を監視し、障害発生時には業務を健全なサーバに自動的に引き継ぎ、高可用性を実現するHA(ハイアベイラビリティ)クラスタリングソフトウェア。 利用方法を変えずにファイルサーバを可視化、ソニー損保が選んだ管理ツールとは 物理サーバの役割を30秒で変更、仮想化不要でインフラ構築を自動化するには?

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20050231


IT・IT製品TOP > 運用管理 > サーバー管理 > サーバー管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ