採用:ST、ACCESSのWebKitブラウザ「NetFront Browser NX」採用

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:ST、ACCESSのWebKitブラウザ「NetFront Browser NX」採用


掲載日:2013/09/18


News

 株式会社ACCESSは、スイス STマイクロエレクトロニクス(ST)のセットトップボックス(STB)向けプラットフォームである「STiH207」と「STiH416」(Orly)に、ACCESSのHTML5対応のWebKitブラウザ「NetFront Browser NX 3.0」が採用されたことを発表した。

 「NetFront Browser NX 3.0」は、HTML5技術に対応し、テレビ向けに適したWebKitベースのブラウザ。UIエンジンとして活用することで、事業者が求める3Dグラフィックやアニメーションといったリッチなコンテンツを再現できる。

 STは、STBにおいて、HTML5対応ブラウザのパフォーマンスは重要性を増しているとし、同社のシステムオンチップ(SoC)上に実装された同ブラウザのHTML5対応プラットフォームは、市場で実証済みのパワフルなブラウザエンジンを提供すると伝えている。

 同ブラウザは、まず初めに「STiH207」SoCファミリーに搭載され、商用化される予定だとしている。同ファミリーは、各種内蔵機能と強化された処理エンジンを搭載し、STBの設計を容易にすると共に、メモリの低コスト化や低消費電力化にも対応する。

 続いて、同ブラウザは「STiH416」SoCファミリーに搭載され、提供開始される予定だと伝えている。「STiH416」は、マルチメディアのエコシステムをサポートするプラットフォーム。通信事業者、放送事業者、映像配信事業者といったテレビ向けにサービスを展開する事業者が付加価値サービスを提供することを可能にする。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他WEB構築関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他WEB構築関連」関連情報をランダムに表示しています。

「WEB構築」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20050199


IT・IT製品TOP > WEB構築 > その他WEB構築関連 > その他WEB構築関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ