IBM、SYNNEXとカスタマー・ケア市場で戦略的パートナーシップ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


IBM、SYNNEXとカスタマー・ケア市場で戦略的パートナーシップ


掲載日:2013/09/17


News

 米IBMは、米SYNNEX CorporationがIBMのカスタマー・ケア関連のビジネス・プロセス・アウトソーシング・サービス事業を5億500万ドルで(このうちおよそ4億3000万ドルは現金、7500万ドルは株式にて)買収することで最終合意に達したと発表した。

 買収された事業は、SYNNEXの全額出資子会社であるConcentrixに全面的に編入され、同社のブランドで営業展開されると伝えている。

 今回、カスタマー・ケア・サービスついてConcentrixと提携し、Concentrixが同事業に対して進めている投資を活用することにより、IBMとConcentrixは、カスタマー・ケアのライフサイクルの全段階において高価値の双方向サービスを変革し、これを提供していくと伝えている。

 同取引の一環として、SYNNEXはIBMと複数年にわたる契約を結び、ConcentrixはIBMに対し、グローバルに展開するカスタマー・ケア関連ビジネス・プロセス・アウトソーシング・サービスを提供する戦略的なビジネス・パートナーとなるとしている。

 IBMは今回の提携により、ユーザには高度なアナリティクス、ソーシャル・ビジネス、クラウド、スマーター・コマースなどのイノベーションが提供されるとともに、Concentrixの柔軟で適応性のあるグローバルなカスタマー・ケア・サービス提供ネットワークの恩恵がもたらされると伝えている。

 なお、今回の取引は、規制当局が求める必要条件と通例の手順を経て、数ヵ月以内に完了する見込みだとし、買収手続き完了後、IBMはSYNNEXの株式を保有するとしている。



  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

コスト削減&生産性向上を実現、「業務のモバイル化」をすぐに成功させる方法 【ユニフィニティー+他】 失敗しない業務アプリ開発、押さえておきたい基本要素とMADP活用 【ユニフィニティー+他】 従来のハイパーコンバージド製品が抱える3課題から脱却、次世代製品の違いとは 【ネットアップ】 基礎から分かる「ハイパーコンバージドインフラ」 次世代型でできることは? 【ネットアップ】 セキュリティ対策とビジネス貢献を両立 進化するDDoS対策サービスの新事情 【NTTテクノクロス】
スマートフォン スマートフォン 垂直統合型システム 垂直統合型システム WAF
コスト削減&生産性向上を実現、「業務のモバイル化」をすぐに成功させる方法 失敗しない業務アプリ開発、押さえておきたい基本要素とMADP活用 従来のハイパーコンバージド製品が抱える3課題から脱却、次世代製品の違いとは 基礎から分かる「ハイパーコンバージドインフラ」 次世代型でできることは? セキュリティ対策とビジネス貢献を両立 進化するDDoS対策サービスの新事情
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20050172



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ