エプソン、4社共同で物流ソリューションの実証実験を実施

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


エプソン、4社共同で物流ソリューションの実証実験を実施


掲載日:2013/09/17


News

 セイコーエプソン株式会社(エプソン)は、トーヨーカネツソリューションズ株式会社、国際航業株式会社及び株式会社キングジムと4社共同で、エプソン製シースルー・ヘッドマウントディスプレイ「MOVERIO」とARナビゲーションを利用した物流ソリューションの実証実験を、トーヨーカネツソリューションズの千葉事業所で行なったと発表した。

 「MOVERIO」は眼鏡のように装着し、大画面で、映像や音楽、Webコンテンツを視聴できるヘッドマウントディスプレイ。シースルータイプであるため、ハンズフリーで、周囲の様子を確認しながら映像を見たり、目の前の景色と映像を重ね合わせてAR(拡張現実)を視認したりすることが可能となっている。

 今回実証実験された物流ソリューションは、倉庫や物流センタなどの物流施設において、作業者が同ディスプレイを装着することで、実視野とピッキング経路のナビゲーション画面を同時に見ながら、効率的かつ安全にピッキングや仕分け作業をできるようにするもの。

 同実験では、ウェアラブルな同ディスプレイに組み合わせた、エプソンの高精度・小型のIMU(高精度センサの一種である慣性計測ユニット)が、作業者の姿勢や位置などの運動情報や見ている方向を感知し、より正確で安全なナビゲーションを可能にする。

 同実験において、トーヨーカネツソリューションズは物流・流通分野でのシステム構築ノウハウの提供及び運用システムを設計し、同実証実験のために千葉事業所内(Noisyラボ)に試験環境を整えた施設を提供した。

 国際航業は、測位技術とAR(拡張現実)技術を活用したナビゲーションシステムを提供し、GPS(Global Positioning System)などが利用できない屋内空間でも正確なナビゲーションを可能にしたことで、シースルー・ヘッドマウントディスプレイの特性を生かした作業ガイダンス表示など、ビジネス用途でのナビゲーションを可能にする。

 キングジムはラベルプリンタ「テプラ Grand」と専用ラベルソフトにより、ヘッドマウントディスプレイでの読取に適したARマーカーラベルを印刷できる環境を提供している。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

パブリッククラウドのセキュリティは大丈夫? 【F5ネットワークスジャパン】 先進企業がクラウドサーバとしてIBM z Systemsを活用する理由 【日本アイ・ビー・エム】 Google、Androidスマートフォン向けVRプラットフォーム「Daydream」発表 【KDDI】 山小屋にも快適な通信環境を――「富士山 Wi-Fi」実現の舞台裏 【KDDI】 「データローミング=怖い」を解消したい――KDDIに聞く「世界データ定額」 【KDDI】
統合運用管理 プライベートクラウド スマートフォン 無線LAN モバイル通信サービス
クラウド運用負荷を極限まで軽減、シンプルな管理を可能にする5つの優れた機能 先進企業がクラウドサーバとしてIBM z Systemsを活用する理由 Google、Androidスマートフォン向けVRプラットフォーム「Daydream」発表 山小屋にも快適な通信環境を――「富士山 Wi-Fi」実現の舞台裏 「データローミング=怖い」を解消したい――KDDIに聞く「世界データ定額」
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20050171



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ