サードウェア、データ保護「DRBDバージョン8.4」のサポート開始

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


サードウェア、データ保護「DRBDバージョン8.4」のサポート開始


掲載日:2013/09/17


News

 株式会社サードウェアは、パフォーマンスを前バージョン比で16倍以上に向上させたオープンソースのハイアベイラビリティ・クラスタソフト「DRBD」バージョン「8.4」のサポートを開始する。

 「DRBD」は、リアルタイムレプリケーションを行なえ、Linuxで動作するオープンソースソフトウェア。レプリケーション元とレプリケーション先のデータが同一であることを保証する完全同期型に対応しているため、全コンピュータが同時に故障しない限り、データの喪失を回避でき、同一性が保証される。

 「バージョン8.4」は、フラッシュストレージのような高速ストレージを使用した場合のレプリケーション性能向上を図るために開発され、以前のバージョンに比べ16倍以上の性能向上を達成していて、フュージョンアイオー製の「ioDrive2」では、単独使用時の8000TPSに対して、完全同期レプリケーション時で6000TPSの高性能を達成している。

 今回、サードウェアは、同バージョンに関して十分な評価・テスト検証を行なった上で、日本国内でのサポートを開始する。なお、同社は同バージョンを最長2022年までサポートする。開発元のオーストリア・LINBIT Information Technologies GmbHとの提携にもとづくサポートで、基幹業務システムや全社規模のファイルサーバなどで「DRBD」を安定的に利用できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

災害時のデータ復旧に自信は持てる? DR対策を効率化するための5つの原則 【CommVault Systems Japan】 イメージバックアップ/リカバリー ActiveImage Protector 2016 -RE 【ラネクシー】 Barracuda Backup 【バラクーダネットワークスジャパン】 クラウド導入後の「ベンダーロックイン」を回避、バックアップ活用のススメ 【CommVault Systems Japan】 高速バックアップ/リカバリ 「System Recovery」 【ベリタステクノロジーズ】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール
実行可能で信頼性の高い「災害復旧」を確立する 5つの原則とは 稼働中のマシンでも高速・確実にディスク丸ごとバックアップできる。状況に応じて、簡単にディスク全体やファイルをリカバリーでき、さらに仮想化も3ステップで実装可能。 アプライアンスとクラウドの2重でデータをバックアップ。複数のアプライアンス間でのデータリプリケーションにも対応。低コストでDRサイトが構築できる。 ベンダーロックインを回避 データやワークロードの移植の問題点を解消 サーバ、ノートPC、仮想マシンに対応する「高速バックアップ/リカバリソリューション」。Windows Server 2016、SQL 2016など、Microsoft社の最新製品にも対応。

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20050154


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ