採用:うぶすな、BDのクラウド型グループウェアを導入

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:うぶすな、BDのクラウド型グループウェアを導入


掲載日:2013/09/13


News

 ブランドダイアログ株式会社(BD)は、同社が提供するクラウド型統合ビジネスアプリケーション「Knowledge Suite」の導入事例として、株式会社うぶすなの事例を発表した。

 「Knowledge Suite」は、利用人数が増えても料金が変わらないユーザ数無制限のグループウェア。

 うぶすなは、ITを利活用したユーザの情報発信のサポートやコンテンツ制作、また動画コンテンツを利活用したWebサイトの集客支援といったWebコンサルティングを行なっている。そのITの技術を使って、自治体の観光客を増加させる新たな仕組みの提案など、地域情報化・活性化事業も展開している。

 同社は、IT利活用促進業務を行なうなか、新たにグループウェアの導入を提案してほしいという依頼があり、その会社に合ったグループウェアを探していた際に候補となったのが「Knowledge Suite」だったという。いくつかのグループウェアを調査したが、ほとんどの製品がIDの数に比例して月額料金が高くなっていくもので、提案先は従業員が200名を超える企業だったので、年間コストを考えると提案しづらいところがあったという。そこで同グループウェアは、ID数を問わない料金体系であることや、搭載されている機能も求めているものと合致していたので、まずは他社に導入を進める前に自社で使いこなせるようになろうと考え、自社導入を決めたとしている。

 以前は、スケジュール共有をメインとするグループウェア、社内メッセージの共有を行なうツール、請求や売上などの数値管理をするためのAccess形式ファイル、プロジェクト管理用のワークシートといったように業務に関わる情報がそれぞれ別々の環境に保管されていたが、同グループウェアを導入したことにより、1つの大きな母屋ができ、スケジュール、メッセージ、売上データ、プロジェクト管理のすべてが一元管理できるようになったとしている。

 自社での運用も軌道に乗ったので、当初予定していた企業へも提案することができ、導入が決定したという。また、地域コンサルの事業で訪問が多い地方の農業団体や漁協など外で働く人が多い業種においては、モバイル端末の業務活用が広がりつつあり、日ごとの売上の変動が大きい業種なので売上の数値管理も重要視しているという。そういった業種には、操作性もよく、外にいても利用できる同グループウェアの導入は薦められると述べている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「グループウェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「グループウェア」関連情報をランダムに表示しています。

「グループウェア」関連の製品

“ほぼ1情シス”のお悩み解決!グループウェア管理の負担を解消 【リスモン・ビジネス・ポータル】 サイボウズ ガルーン 4 【サイボウズ】 「G Suite」を引き離す「Office 365」、移行を急ぐ企業が増えているのはなぜ? 【 日本マイクロソフト】 P2NetEX(ピーツーネットイーエックス) 【ネットパイロティング】 クラウドグループウェア 「サイボウズ Office」 【サイボウズ】
グループウェア グループウェア グループウェア グループウェア グループウェア
332万人以上のユーザが利用するグループウェア「desknet's NEO」のクラウドサービス版。導入実績4000社以上。メール/スケジュール/ワークフローなど、全25機能が利用可能。 サイボウズが得意とする使い勝手と数万名規模で安定して稼働する信頼性、きめ細やかな管理機能を兼ね備えた大規模向けグループウェア。最新版ではモバイル活用ニーズに対応 「G Suite」を引き離す「Office 365」、移行を急ぐ企業が増えているのはなぜ? 本部店舗間のコミュニケーション基盤の強化、店舗の作業負荷軽減を実現する多店舗・多拠点専用のSaaS版グループウェア。オンプレミス版も提供。 50000社に選ばれた定番グループウェア。ユーザ権限や部署により使用機能を柔軟に設定したり、欲しい機能をスクラッチ開発せずに追加できるカスタムアプリも活用できる。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20050120


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > グループウェア > グループウェアのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ