採用:クレハ、シマンテックのセキュリティ製品群を採用

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:クレハ、シマンテックのセキュリティ製品群を採用


掲載日:2013/09/12


News

 株式会社シマンテックは、株式会社クレハが、標的型攻撃に対するセキュリティ強化の一環として「Symantec Web Gateway」「Symantec Endpoint Protection」「Business Critical Service」及び「Symantec Web Security.cloud」を含む、シマンテックのセキュリティ製品群を採用したことを発表した。

 クレハでは、日本においても標的型攻撃が頻発する状況のなか、2011年に多層スキャンによる検知技術を提供するメールセキュリティサービス「Symantec Email Security.cloud」を導入した。しかし、標的型攻撃の台頭をきっかけに、同社では、攻撃を食い止めるための基本的なセキュリティ対策は実施しつつも、巧妙なサイバー攻撃には“入られる前提”で対策を打つ必要があるとセキュリティ方針を改めたという。

 クレハは、2012年夏に同社と外部との通信状況を分析したレポートの作成をセキュリティ企業3社に依頼した。その内容を比較検証したところ、「Symantec Web Gateway」による脅威活動アセスメントから生成されたレポートが、マルウェアの活動に加え、外部サイトの危険性やファイルのアップロード履歴など一番きめ細く分析されていたとしている。そしてレポートのわかりやすさと緻密さ、更に実情の運用に即した内容であることなどを総合的に評価した結果、シマンテック製品の採用を決めたと伝えている。

 まずWeb経由の脅威を遮断することが優先というシマンテックの提案に基づき、「Symantec Web Security.cloud」を2012年10月に導入した。その後は、標的型攻撃対策として「Symantec Web Gateway」を2013年2月に導入、これに併せ、障害が発生した際、優先的に原因究明し解決策を提示するサポートサービスである「Business Critical Services」を導入した。また、エンドポイントセキュリティ向けの対策として「Symantec Endpoint Security」を導入し、主要なセキュリティ製品をシマンテックに一本化した。

 自社にとって必要性の高いサービスを総合的に導入した結果、様々な要素を関連付けて相対的に脅威が分析できるようになり、管理が簡素化され運用もしやすくなったという。「Symantec Endpoint Protection」については、グループ会社を含めた全社的な移行もスムーズに完了しており、今後は定常的なチェックや診断のほか、脅威の分析を基にした、シマンテックの継続的なアドバイスや提案に期待していると伝えている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「アンチウイルス」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「アンチウイルス」関連情報をランダムに表示しています。

「アンチウイルス」関連の製品

次世代マルウェア対策「CylancePROTECT」 【日立ソリューションズ】 ディフェンスプラットフォーム(DeP) 【ハミングヘッズ】 ランサムウェア対策ソフト 「RANSOMFILTER」 【Jiransoft Japan】 マルチエンジン型ウイルス対策ソフトウェア 「Metascan」 【ネクスト・イット】 Kaspersky Security for Virtualization 【Kaspersky Labs Japan】
アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス
AI技術を利用した、パターンファイルを必要としないマルウェア対策。未知/既知を問わず、マルウェアが実行される前にエンドポイント上で検知・防御する。 APIの利用を常時監視してウイルスを検出・隔離する割込み型迎撃方式のウイルス対策ソフト。APIの利用内容でウイルスか否かを識別するため未知のウイルスも捕捉できる。 ランサムウェア対策に特化し、未知のランサムウェアの攻撃からPCを防御するセキュリティソフトウェア。無料評価版により180日間の試用ができる。 最大30種類のウイルススキャンエンジンを動作させ、マルウェアの検出率を最大限に高めたウイルス対策ソリューション。インターネット接続ができない閉環境でも使用が可能。 仮想環境に最適化されたアンチマルウェア製品。仮想環境および仮想化されていないエンドポイントやモバイルデバイスも含めた一元管理が可能。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20050070


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > アンチウイルス > アンチウイルスのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ