アンテナハウス、国税関係書類をスキャナ保存するシステムを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


アンテナハウス、国税関係書類をスキャナ保存するシステムを出荷


掲載日:2013/09/11


News

 アンテナハウス株式会社は、国税関係書類を“スキャナ保存”して原本廃棄を可能にするシステム「AH e-Doc Manager」の出荷を開始した。価格は初年度費用が372万2050円から(初年度保守込)。

 「AH e-Doc Manager」は、電子帳簿保存法4条3項“スキャナ保存”の申請実績のあるシステムで、PDF長期電子署名(PAdES)に加えXAdESにも対応できるほか、PDFファイルに加えJPEG/TIFFなど各種画像ファイルにも対応できる。電子署名/タイムスタンプサービスは、SEIKOタイムスタンプサービスなど各認定事業者のものを利用できる。また、各種証憑の追加対応を短期間/低コストで行なえる。Windows Server 2008/2012に加えLinux環境でも動作する。


出荷日・発売日 2013年9月10日 出荷
価格 初年度費用:372万2050円〜(初年度保守込)

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「その他情報システム関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他情報システム関連」関連情報をランダムに表示しています。

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20050057


IT・IT製品TOP > 情報システム > その他情報システム関連 > その他情報システム関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ