GMOクラウド、ビジネス向け共用サーバのディスク容量を増強

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


GMOクラウド、ビジネス向け共用サーバのディスク容量を増強


掲載日:2013/09/11


News

 GMOクラウド株式会社は、「GMOクラウドレンタルサーバー」で提供しているビジネス向け共用サーバ「iCLUSTA+」の利用料金を据え置きながらディスク容量を最大600GBに増強した。

 「iCLUSTA」では、独自ドメイン名でWebサイト開設やメールアドレスを利用できる。今回、12ヵ月契約の月額料金が980円の「ミニ」のディスク容量がWeb 180GB+メール20GBに、同1480円の「レギュラー」が360GB+40GBに、同2480円の「プロ」が540GB+60GBに増強された(金額はすべて税込)。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「IaaS/PaaS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IaaS/PaaS」関連情報をランダムに表示しています。

「IaaS/PaaS」関連の製品

オンプレミスを「消費型モデル」で利用する、柔軟で俊敏な次世代IT基盤 【日本ヒューレット・パッカード】 Talend Studio 【Talend】 アプリ開発者の弱点はクラウドデータサービス? クラウドを最大限生かすコツは 【日本マイクロソフト】 クラウド基盤サービス NEC Cloud IaaS 【NEC】 最新クラウド戦略:ベストプラクティスとともに基礎から応用までを徹底解説 【日本マイクロソフト】
IaaS/PaaS IaaS/PaaS IaaS/PaaS IaaS/PaaS IaaS/PaaS
オンプレミスのIT環境を従来の所有型モデルから、使った分だけ支払う消費型モデルへと移行するメリットは計り知れないほど大きい。そのメリットと構築のポイントを解説する AWSで構築するビッグデータシステム――低コスト分析基盤で顧客の好みを把握 アプリ開発者の弱点はクラウドデータサービス? クラウドを最大限生かすコツは 高いコストパフォーマンス、高性能・高信頼が特長のIaaS。セルフサービスポータル画面から、ユーザー自身によりプロビジョニングや他社サービスまで含めた運用管理が可能。 最新クラウド戦略:ベストプラクティスとともに基礎から応用までを徹底解説

「データセンター」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20050053


IT・IT製品TOP > データセンター > IaaS/PaaS > IaaS/PaaSのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ