UBIC、デジタル・フォレンジック研究会よりダブル受賞を発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


UBIC、デジタル・フォレンジック研究会よりダブル受賞を発表


掲載日:2013/09/11


News

 株式会社UBICは、デジタル・フォレンジック研究会より“日本の研究開発賞”“普及・奨励賞”をダブル受賞したと発表した。

 “日本の研究開発賞”と“普及・奨励賞”は、デジタル・フォレンジック研究会の10周年記念により創設されたものであるという。UBICによるとこの10年で、日本のデジタル・フォレンジック分野も米国をキャッチアップする時代からリードする時代に変わりつつあり、同社ではその機運を受け、研究会をバックアップし、デジタル・フォレンジックを推進する体制を築いていきたいと考えているという。

 デジタル・フォレンジックとは、インシデント・レスポンス(コンピュータやネットワークの不正使用、サービス妨害行為、意図しない情報の開示などへの対応)や法的紛争・訴訟に対し、電磁的記録の証拠保全や調査分析を行ない、改ざん・毀損に関する分析・情報収集を行なう一連の科学的調査手法・技術のこと。この技術の普及・発展を目的として、デジタル・フォレンジック研究会は、2004年に発足(NPO法人としては2005年にスタート)し、これまで、デジタル・フォレンジックに関する各種研究会・セミナー、シンポジウム・イベント、書籍の発行などを重ね、8月に会員企業は46社、会員数は214名になったという。

 UBICの設立は2003年で、一貫してデジタル・フォレンジック技術の発展に寄与し、特に、日本企業の国際訴訟の支援のための証拠収集・絞込み(プレディクティブ・コーディング)分野に実績があるという。これまで、310件以上の国際訴訟支援、725社以上の企業内部調査を行ない、官公庁・民間企業より700名以上のフォレンジックトレーニング研修受講者を迎え、一方で大手企業を中心にエンジニアを派遣してきたとしている。

 同研究会と歩調を合わせた同社の事業展開及び受賞の意義は、eディスカバリ(電子証拠開示)分野において、法律論ではなく実務的な技術・手法を確立したことだと捉えているという。また、従来、日本語のデータ解析が立ち遅れるなど “国産”がなかったこの技術・手法の確立は今後、国際交流が活発化する日本企業を支援していくだろうと伝えている。



  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

企業間B2B/EDIデータ連携サービス OpenText B2B Managed Services 【GXS】 オープンソースECM「NemakiWare」 【イージフ】 紙とデジタルの利便性を両立する電子サイン、堀潤が注目するデジタル変革の一歩 【アドビ システムズ】 Cisco Umbrella 【サテライトオフィス】 Cisco Umbrella 【サテライトオフィス】
EDI 文書管理 ワークフロー 検疫 検疫
B2Bデータ連携を実現するEDIクラウドサービス。マッピング(データフォーマット変換)、テスト、取引先導入支援など、必要な作業をOpenText GXSのチームが支援する。 CMISに完全準拠した国産オープンソースECM(文書管理)システム。ニーズにあわせて自由な拡張・連携が可能。ユーザもシステム管理者も使いやすい、シンプルなECM。 紙とデジタルの利便性を両立する電子サイン、堀潤が注目するデジタル変革の一歩 「WannaCry」など新種のサイバー攻撃を防ぐクラウド型DNS マルウェアの90%以上が利用する経路とは? 意外と見落としやすい対策ポイント
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20050046



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ