日本ノーベル、環境データ統合管理の新版でデータの信頼性を向上

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本ノーベル、環境データ統合管理の新版でデータの信頼性を向上


掲載日:2013/09/09


News

 日本ノーベル株式会社は、環境データ統合管理システム「EcoLyzer」を「Ver2.1」にバージョンアップし、10月1日に出荷を開始する。

 「EcoLyzer」は、CO2排出量/エネルギー使用量/廃棄物処理量などの環境データを一元管理するシステム。今回のバージョンでは、入力データをチェックするために、しきい値管理/入力履歴管理/承認機能に対応したことで、収集データの信頼性向上と、情報収集の効率化が図られている。

 しきい値管理機能は、登録時の値が誤りの可能性が高い場合に警告を表示する機能で、過去の同月実績値を基準に、そこから大きくずれた値を登録する際に、警告が表示される。入力履歴管理は、データの変更履歴を一覧表示する機能で、誰が、いつ、どの項目のデータを何に変えたかをトレースすることで、変更理由を容易に確認できる。

 承認機能(オプション)では、各拠点からエネルギー使用量のデータ入力をする際に、上長や管理部門の承認したデータのみが集計に反映される。入力からデータ集計の間に確認のステップが入ることで、誤値/記入漏れの防止を図れる。同機能は拠点ごとに使用を選択できる。コスト管理(オプション)は、エネルギーや産廃といった環境パフォーマンスデータの使用や排出に係る利用料金を管理する機能で、産廃処理などにかかるコストを見える化することで、コスト意識を向上させられ、省エネを図れる。また、目標値月別管理(オプション)は、目標値を月ごとに設定できる機能で、期中に目標値を見直すといった運用を行なえる。


出荷日・発売日 2013年10月1日 出荷
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「その他情報システム関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他情報システム関連」関連情報をランダムに表示しています。

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20049982


IT・IT製品TOP > 情報システム > その他情報システム関連 > その他情報システム関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ