クォーレスト、第4世代Core/Xeon E3-1200 v3 CPU対応のWSを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


クォーレスト、第4世代Core/Xeon E3-1200 v3 CPU対応のWSを発売


掲載日:2013/09/09


News

 株式会社クォーレストは、第4世代Core/Xeon E3-1200 v3 CPUに対応し、スリムな総アルミ製シャーシを採用したワークステーション(WS)「Qualest Vertica V-1000B」シリーズを発売した。

 「Vertica V-1000B」シリーズは、高解像度3D-CG、CAD/CAM、レンダリング、CAE解析のような、高いデータ処理能力が求められるアプリケーションに適している。第4世代Core i3/i5/i7シリーズCPUと、Xeon E-1200 v3シリーズCPUをサポートしている。静音ファンを利用した冷却機構を備え、CPUのパフォーマンスを最大限に引き出せる。CPUはGPUコアを内蔵し、画像信号はDVI-I v1.0/DisplayPort v1.2/HDMI v1.4aポートに出力される。

 CPU直結のデュアル2チャンネル構成の240ピンDIMMソケット4本を備え、最大32GBのアン・バッファードnon-ECC DDR3 1600/1333MHz DIMMを搭載でき、Intel Extreme Memory Profileを利用したオーバークロック動作をサポートしている。また、システム拡張用バスとして1本のx16レーンを備え、高性能グラフィックス・カードをPCI Express 3.0バスに接続できる。

 Intelラピッド・ストレージ・テクノロジーRAIDをサポートするIntel H87 Express PCHを搭載し、5ポートの6Gbps SATAインターフェースと1ポートのmSATAポートを備え、Windows/Linux環境でコールドスワップのRAID 0/1/5/10を提供する。また、USB3.0/USB2.0インターフェースをいずれも4ポート装備しているほか、Intel i217Vチップを搭載し、ギガビット・イーサネット(GbE)LANを利用できる。マルチメディア機能として、Realtek ALC892 AudioCodecを使用したIntel 10チャンネルHDオーディオをサポートしている。

 最大93%のエネルギー変換効率と、最大25%の低消費電力化を達成した550W 80Plusプラチナ規格高効率電源を搭載し、750W電源にアップグレードできる。本体前面には回転数が3段階に切り替えられる静音の14cm吸気ファンを備え、システム構成に応じて2台まで増設できる。背面には、システムからの発熱量に応じて回転数がコントロールされるPWM(Pulse Width Modulation)12cm排気ファンを採用しているほか、サイドパネルにも12cm排気ファンを2台まで増設できる。また、システム底面の電源用吸気孔には、システムの長期安定性向上を図れるエアフィルタが装着されている。


出荷日・発売日 発売済
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「PC」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20049981


IT・IT製品TOP > PC > デスクトップパソコン > デスクトップパソコンのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ