FireEye、マルウェアに関するレポートを発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


FireEye、マルウェアに関するレポートを発表


掲載日:2013/09/09


News

 米FireEyeは、マルウェアに関するレポート“Poison Ivy:Assessing Damage and Extracting Intelligence(Poison Ivy:被害の評価と活動実態の解明)”を公開するとともに、Poison Ivy感染の有無を検出する無償ツールのパッケージ「Calamine」の提供を開始したと発表した。

 “Poison Ivy:Assessing Damage and Extracting Intelligence”は、Fortune 1000企業の攻撃にも悪用されたマルウェアであるリモート・アクセス・ツール(RAT)「Poison Ivy」の復活に注目して解説した報告書。Poison Ivyは、複数のマルウェア攻撃で使用されており、その中でも有名なものが2011年に発生したRSA SecurityのSecurIDデータに対する攻撃だという。また同ツールは、同年に行なわれた、化学メーカーや官公庁、防衛関連企業、人権団体に対する協調攻撃「Nitro」でも使用されたとしている。

 同レポートでは、同ツールを使用しているadmin@338、th3bug、menuPassなどを含む攻撃者を特定しているという。同時に公開された「Calamine」パッケージを使用すると、同ツールを利用した攻撃の痕跡を探し出すことができる。痕跡には、Poison Ivyプロセスのミューテックスとパスワード、外部へのデータ送信やネットワーク内での移動を示すデコードされたコマンド&コントロール用のトラフィック、マルウェア活動のタイムラインなどがある。レポートでは、同パッケージがどのようにしてこれらの情報と攻撃の別の側面とを結びつけるかについて解説していると述べている。



  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

アクティブシニア市場向けサービス開発の勘所と実例を識者に聞く 【東日本電信電話】 遠隔地の異常も素早く検知、住友重機械工業の標的型攻撃対策の実態 【シマンテック】 統合バックアップソリューション 「Backup Exec」 【ベリタステクノロジーズ】 日経人事ウオッチPro 【日本経済新聞社】 ソフトウェアFT「Stratus everRun」 【日本ストラタステクノロジー】
開発環境/BaaS 検疫 バックアップツール SFA クラスタリング
今後、成長が期待されるアクティブシニア市場。その規模は23兆円との試算も。この市場で隠れたニーズを掘り起こして参入するにはどんなノウハウが必要なのだろうか。 遠隔地の異常も素早く検知、住友重機械工業の標的型攻撃対策の実態 幅広いプラットフォームとアプリケーションに対応する統合バックアップソリューション。台数ベースライセンスのほか、容量課金、仮想環境向けソケット課金にも対応。 日本経済新聞に掲載されない情報もチェック、手間なし漏れなしの人事情報活用法 2台1組のPCサーバでフォールト トレラント(FT)システムを実現。簡単・堅牢・安価に高信頼性仮想化システムを実現する可用性ソリューション。
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20049960



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ