FireEye、マルウェアに関するレポートを発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


FireEye、マルウェアに関するレポートを発表


掲載日:2013/09/09


News

 米FireEyeは、マルウェアに関するレポート“Poison Ivy:Assessing Damage and Extracting Intelligence(Poison Ivy:被害の評価と活動実態の解明)”を公開するとともに、Poison Ivy感染の有無を検出する無償ツールのパッケージ「Calamine」の提供を開始したと発表した。

 “Poison Ivy:Assessing Damage and Extracting Intelligence”は、Fortune 1000企業の攻撃にも悪用されたマルウェアであるリモート・アクセス・ツール(RAT)「Poison Ivy」の復活に注目して解説した報告書。Poison Ivyは、複数のマルウェア攻撃で使用されており、その中でも有名なものが2011年に発生したRSA SecurityのSecurIDデータに対する攻撃だという。また同ツールは、同年に行なわれた、化学メーカーや官公庁、防衛関連企業、人権団体に対する協調攻撃「Nitro」でも使用されたとしている。

 同レポートでは、同ツールを使用しているadmin@338、th3bug、menuPassなどを含む攻撃者を特定しているという。同時に公開された「Calamine」パッケージを使用すると、同ツールを利用した攻撃の痕跡を探し出すことができる。痕跡には、Poison Ivyプロセスのミューテックスとパスワード、外部へのデータ送信やネットワーク内での移動を示すデコードされたコマンド&コントロール用のトラフィック、マルウェア活動のタイムラインなどがある。レポートでは、同パッケージがどのようにしてこれらの情報と攻撃の別の側面とを結びつけるかについて解説していると述べている。



  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

驚きの“ビデオ会議”活用法、多彩なビデオ会議ソリューション 【ポリコムジャパン】 少人数しか入らない「ハドルルーム」の活用が注目される理由 【ポリコムジャパン】 東京女子大学は「スチールドア付き学生寮で快適無線LAN」をどう実現したのか 【ブロケード コミュニケーションズ システムズ】 IoTアプリ開発事例集──10社の事例で「IoTの可能性と開発基盤の要件」を知る 【PTC ジャパン】 企業間B2B/EDIデータ連携サービス OpenText B2B Managed Services 【GXS】
テレビ会議/ビデオ会議 テレビ会議/ビデオ会議 LAN構築 開発ツール EDI
「ビデオ会議は会議室で使うもの」……その考えはもう古いかもしれない。ビデオ会議は会議室を飛び出し、思いも寄らない使い方をされている。そのエピソードを見ていこう。 少人数しか入らない「ハドルルーム」の活用が注目される理由 東京女子大学は「スチールドア付き学生寮で快適無線LAN」をどう実現したのか IoTアプリ開発事例集──10社の事例で「IoTの可能性と開発基盤の要件」を知る B2Bデータ連携を実現するEDIクラウドサービス。マッピング(データフォーマット変換)、テスト、取引先導入支援など、必要な作業をOpenText GXSのチームが支援する。
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20049960



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ