SBM、iPhone 5で衛星電話ができるケース型の衛星電話を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


SBM、iPhone 5で衛星電話ができるケース型の衛星電話を発売


掲載日:2013/09/09


News

 ソフトバンクモバイル株式会社(SBM)は、iPhone 5と接続することで衛星電話を利用できるようになるケース型の衛星電話「SoftBank 202TH」(アラブ スラヤ テレコミュニケーション カンパニー製)を、9月10日より発売する。

 「SoftBank 202TH」は、iPhoneのケースのような形をしており、iPhone 5をはめ込んでBluetoothで接続し、専用のアプリケーション「SatSleeve」を使うことで衛星電話として利用できるようになる製品。

 このアプリケーションによって、衛星電話からの発信やSMSの送信がiPhoneの電話帳を活用して簡単にできるようになるという。更に、衛星回線を利用した緊急機関への発信やデータ通信も、北南米などの一部の国と地域を除く全世界で利用できる。

 通信機能には、音声通話、SMS、データ通信サービス(USB通信、無線LANルーター機能)がある。サイズは、約幅69mm×高さ142mm×厚さ31mmで、重さは約227g。連続通話時間は約3時間で、連続待受時間は約36時間になっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「通信サービス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20049957


IT・IT製品TOP > 通信サービス > その他通信サービス関連 > その他通信サービス関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ