日本IBM、メインフレームの機密情報漏洩対策支援するソフト提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本IBM、メインフレームの機密情報漏洩対策支援するソフト提供


掲載日:2013/09/06


News

 日本アイ・ビー・エム株式会社(日本IBM)は、メインフレーム「IBM System z」シリーズ向けに特化し、機密データを扱う業務システムの情報漏洩を防止するための高いレベルのセキュリティを、効率的で容易な管理で実現するソフトウェア製品群の新版「IBM Security zSecure Suite V2.1」の提供を開始した。

 「IBM Security zSecure Suite」は、IBMのリソース・アクセス管理機能(RACF:Resource Access Control Facility)を基盤に、ユーザの識別と認証、リソース・アクセス制御、監査の強化などの機能を装備している。

 今回の新版では、モバイルやクラウドなどの普及で多様化・複雑化する企業のシステムや、高度化するセキュリティの脅威に対応できる、機密情報漏洩の可能性や痕跡をいち早く発見し迅速な対応につなげるための機能強化が図られている。システムやセキュリティの管理者負担を軽減しながら、銀行や保険業界などのセキュリティ基準にも対応する高いレベルのセキュリティを実現できる。

 RACFでアクセス権限を管理するためのDBの機能が強化されている。複数のDBを比較し不適切なユーザIDからのアクセスを特定したり、長期間未使用のユーザIDに対する権限を一括で削除できる。また、DBの複製(レプリカ)作成機能を装備し、レプリカを使用して、オフラインで様々なシミュレーションを行なえ、RACFを使用した認証を装備するシステムをテストに活用できるほか、実際のデータを使用した管理者の研修などを行なえる。

 IBMのセキュリティ・インテリジェンス・ソリューションを実現するソフトウェア製品「IBM Security QRadar SIEM」と連携でき、「IBM Security zSecure Suite」で収集するセキュリティに関する情報を「IBM Security QRadar SIEM」のダッシュボードに組み込み、より多角的なセキュリティに関する状況の分析と脅威の可視化を行なえる。また、機密情報を扱うシステム向けの監査機能が強化されていて、多角的な情報分析をもとにしたセキュリティ・コンプライアンス・レポートの作成や、分析結果をもとに機密情報の漏洩を自動検出する監査機能を提供する。更に、アメリカ国防情報システム局のセキュリティ技術導入ガイド(DISA-STIG)やクレジットカード業界のセキュリティ基準のPCI DSS用のインターフェースも用意されていて、これらの基準に合致したレポート作成を簡素化できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

Entrust(R) Web認証・アクセス制御ソリューション 【エントラストジャパン】 法律家に聞いた!不正送金への対策と、被害に遭ったらすべきこと 【KDDI】 AXIOLE 【ネットスプリング】 FutureNet RA-1200/RA-730 【センチュリー・システムズ】 “情報漏洩体質”と今こそ決別する「データセキュリティ4カ条」 【KDDI】
認証 認証 認証 認証 認証
世界中1000万以上のユーザを持つ認証セキュリティ強化ソリューション。
コスト効率に優れ様々な認証を組み合わせ利用可能。
スマートフォンOS対応トークンも提供。
法律の専門家に聞いてみた:もし不正送金されたらどうなる? LDAP、RADIUS認証プロトコルに対応し、最大2万5000アカウントまでサポートする、ローカルとクラウドの認証を一元化できるアプライアンスサーバ。 大規模なIP-VPNサービスのRADIUS認証サーバとして利用でき、IEEE802.1X認証にも対応。冗長化構成もサポートした純国産のサーバアプライアンス。 もし知らないなら危険 情報漏えい対策「データセキュリティ4カ条」

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20049936


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ