採用:NEC、北京の長富宮飯店に基幹業務システムを一括納入

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:NEC、北京の長富宮飯店に基幹業務システムを一括納入


掲載日:2013/09/06


News

 日本電気株式会社(NEC)は、中国・北京の長富宮飯店(ホテルニューオータニ長富宮)に、宿泊管理、顧客管理、宴会管理、インターネット予約、ポイント管理の基幹業務システムを一括で納入したと発表した。

 NECは今回、NECのホテル業向け基幹業務ソフト「NEHOPS」を中心に、中国DerbySoft社及び中国NCR-Handing社と連携し、基幹業務システムを構築しているという。また、宴会システムについては、中国のホテル業界では先進的であるクラウドサービスを提供しているという。

 「NEHOPS」を活用することで、売上や顧客データの分析に要する時間を、従来の手作業に比べ1日あたり3時間短縮できること、また、NECが納入した既存のIP電話システムと連携することで、宿泊者への電話料金の課金制御、不在時のボイスメールシステムの起動、内線の際のフロントでの宿泊者名の表示などができ、円滑なホテル業務の遂行ができるとしている。

 また、NECは、インターネット上で宿泊予約と長富宮飯店の商品販売ができるホテルのポータルサイトを構築したほか、世界の様々なインターネット予約サイトと連携して、予約情報を一元管理できる機能をDerbySoftのデータ変換サービスにより提供し、更に、顧客のポイント・クーポン・デポジットカードの情報を一元管理できる機能をNCR-Handingの会員管理ソフトにより提供したと伝えている。

 NECは同実績を活かし、中華圏において「NEHOPS」の拡販を積極的に進めるとともに、今後はAPAC地域への展開や、基幹業務システムとIP電話システムの一体提案の強化を通じて、ホテル向けソリューション事業をグローバルに拡大していくと伝えている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

「日本電気」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「特定業種向けシステム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「特定業種向けシステム」関連情報をランダムに表示しています。

「特定業種向けシステム」関連の製品

ProSCOPE-C 【日立SC】 SEALS融資システム 【SCSK】 AZCLOUD SaaS EnergySuite 【富士通マーケティング】 業種特化 物流ソリューション 【東計電算】 REACH対応含有化学物質管理ソリューション ProChemist 【NEC】
特定業種向けシステム 特定業種向けシステム 特定業種向けシステム 特定業種向けシステム 特定業種向けシステム
化学・プロセス・マテリアル業界の生産プロセスに特化した原価計算パッケージ。工程別総合原価計算に対応するなど、正確な原価計算を可能にする機能を搭載している。 融資の申込み/契約の登録/融資実行/請求/回収/延滞債権の管理/ 返済条件の変更/決算処理/各種照会など、企業融資の業務全般をサポート。
貸金業社版、生命保険会社版を用意。
単価変動も怖くない!石油卸業向けに特化した富士通の販売管理 販売管理、運行管理、庫内管理、財務管理、勤怠管理、人事給与管理のサブシステムをオープン&シームレスにつなげる物流業向けERPシステムなどのソリューションを提供。 REACH、RoHSなど各種環境法規に対応した情報管理ソリューション。
化学物質やSVHCに関する情報の統合管理、JAMP情報流通基盤への接続、含有量の自動計算などの機能を網羅。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20049922


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 特定業種向けシステム > 特定業種向けシステムのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ