シマンテック、重複排除機能を組み込んだバックアップ機器を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


シマンテック、重複排除機能を組み込んだバックアップ機器を発売


掲載日:2013/09/06


News

 株式会社シマンテックは、企業向けバックアップ・アプライアンス製品「Symantec Backup Exec 3600」を10月1日に発売する。

 「Backup Exec 3600」は、同社のバックアップソフトウェアの新版「Symantec Backup Exec 2012」を搭載している。同社の重複排除機能“V-Rayテクノロジー”を組み込んでいて、「Symantec Backup Exec 2012」と同様に仮想環境を可視化でき、リカバリ時間の短縮とストレージコストの低減を図れる。

 IT管理者の少ない中小規模企業でも仮想/物理マシンを保護できるように、クライアントやターゲットでのデータ重複排除を統合したオールインワン型のバックアップ専用ハードウェアで、VMware vSphere 5をサポートしているほか、Backup Execに最適化されたハードウェアやソフトウェア上で利用できる。

 IT業務の複雑性を低減するために、機能面や価格面で中小規模企業向けに最適化されていて、専門家以外でも詳細なバックアップポリシーを実装できる。“V-Rayテクノロジー”が組み込まれたことで、仮想バックアップと物理バックアップを一元化でき、VMwareやHyper-Vと、これらが稼働する物理ホストで、シングルパスのバックアップを行なえるため、仮想マシン、アプリケーション、DB、ファイル、フォルダ、個々のオブジェクトのリカバリを数秒で行なえる。

 統合ベアメタル・リカバリ(BMR)機能にはBackup-to-Virtual(B2V)とPhysical-to-Virtual(P2V)の変換機能が含まれ、失われたシステムをVMwareまたはHyper-Vのゲストにリカバリできる。同機能は無料で利用できる。また、重複排除とアーカイビングテクノロジーが統合され、より多くのデータを保護できる上、バックアップのパフォーマンスも向上している。

 価格は、最小構成で198万3200円から。


出荷日・発売日 2013年10月1日 発売
価格 最小構成で198万3200円〜

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20049909


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ