採用:京急建設、情報共有基盤に「Office 365」を導入

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:京急建設、情報共有基盤に「Office 365」を導入


掲載日:2013/09/05


News

 日本マイクロソフト株式会社は、京急建設株式会社が、情報共有基盤に「Office 365」を導入したことを発表した。

 京急建設では、複数の現場や事務所が存在し、短期の事務所や事務所外で働く社員とのコミュニケーションや情報共有をスムーズに行なうことが1つの課題となっていたという。同社は、メールやグループウェアを新しくすることにし、移行にあたっては、IT関連の規定の遵守、導入/運用コストの削減、業務をよりスムーズに行なえるようにしてほしいという社員のニーズの反映の3つがポイントとなったと述べている。

 様々なソフトウェアやクラウドサービスを検討した結果、クラウドサービスである「Office 365」が適切と考えて導入したと伝えている。

 同社は、「Windows XP」や「Office 2003」のサポート終了にも対応するためにPCを入れ替え、同サービスに含まれる新しいOfficeアプリケーション「Office 365 ProPlus」を活用し、インターネット経由のインストール方法、クイック実行で新版のOfficeを全社員に迅速に展開し、社内のOfficeのバージョンを統一するとともに、同アプリケーションの自動アップデートを活用し、新版のバージョンを利用できる環境を整え、少人数の情報システム部門でも管理負荷を低減した運用を可能にしていると伝えている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「グループウェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「グループウェア」関連情報をランダムに表示しています。

「グループウェア」関連の製品

P2NetEX(ピーツーネットイーエックス) 【ネットパイロティング】 クラウドグループウェア 「サイボウズ Office」 【サイボウズ】 グループウェア「desknet's NEO(デスクネッツ ネオ)」 【ネオジャパン】 サイボウズ ガルーン 4 【サイボウズ】 新年度のグループウェア導入・見直しなら1ユーザー月額150円で! 【リスモン・ビジネス・ポータル】
グループウェア グループウェア グループウェア グループウェア グループウェア
本部店舗間のコミュニケーション基盤の強化、店舗の作業負荷軽減を実現する多店舗・多拠点専用のSaaS版グループウェア。オンプレミス版も提供。 50000社に選ばれた定番グループウェア。ユーザ権限や部署により使用機能を柔軟に設定したり、欲しい機能をスクラッチ開発せずに追加できるカスタムアプリも活用できる。 HTML5採用で、わかりやすく見やすいインターフェースを実現したグループウェア。全25の豊富なアプリケーションに加え、扱いやすいユーザ/組織管理機能、国際化対応も実装。 サイボウズが得意とする使い勝手と数万名規模で安定して稼働する信頼性、きめ細やかな管理機能を兼ね備えた大規模向けグループウェア。最新版ではモバイル活用ニーズに対応 ユーザー数363万超のグループウェアdesknet's NEOのクラウド版。1ユーザー月150円(税別)でメール/スケジュール/ワークフローなど25機能が利用可能

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20049874


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > グループウェア > グループウェアのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ