サードウェーブデジノス、Core i3プロセッサ搭載ノートPC等発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


サードウェーブデジノス、Core i3プロセッサ搭載ノートPC等発売


掲載日:2013/09/05


News

 株式会社サードウェーブデジノスは、Core i3プロセッサを搭載し、5万円台のデスクトップミニタワーモデル「Magnate IE」と、15.6インチワイド型ノートPC「Critea VH-AE i3-4000M」を発売した。価格は「Magnate IE」が5万1980円、「Critea VH-AE i3-4000M」が5万9980円(いずれも税込み)。

 両製品は、前世代に比べて演算処理の効率化が図られ性能を向上させると同時に、省電力機能により消費電力も低く抑えられている新世代のCore i3プロセッサを採用している。CPU内蔵のグラフィック機能も強化され、Windows 8の画面表示を快適にするDirectX 11.1対応となっている。OSは、Windows 7 Home Premiumインストール済み(ディスク添付)とWindows 8インストール済み(ディスク添付)から選べる。

 「Magnate IE」は、省スペースでありながら高い拡張性も備えるミニタワー筐体で、大容量HDDや光学ドライブ、SSDの増設や、TVチューナーやサウンドカードといった各種カスタマイズにも対応可能な拡張性を備えている。

 CPUにはCore i3-4130 プロセッサ(デュアルコア/HT対応/定格3.40GHz/L3キャッシュ3MB)を採用し、メインメモリは4GBとなっていて、HDDは500GB、SATA 3Gb/s接続(SATA II)となっている。

 「Critea VH-AE i3-4000M」は、動作の軽快さと長いバッテリ駆動時間を両立する。15.6インチワイド光沢液晶(1366×768ドット)を備える、幅38.3cm×奥行き24.9cmの筐体は、狭いスペースでも設置しやすくなっている。IEEE802.11 b/g/n対応無線LANやWebカメラ、Bluetooth 4.0を内蔵するほか、大画面液晶テレビやディスプレイに映像出力が可能なHDMI端子、高速転送が可能なUSB 3.0端子も搭載している。

 CPUにはCore i3-4000M プロセッサ(デュアルコア/HT対応/定格2.40GHz/L3キャッシュ3MB)を採用し、メインメモリは4GBとなっていて、HDDは320GB、SATA 3Gb/s接続(SATA II)となっている。DVDスーパーマルチドライブを搭載している。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「ノートパソコン」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ノートパソコン」関連情報をランダムに表示しています。

「ノートパソコン」関連の製品

「Surface Pro 4」がワークスタイル変革に使えるこれだけの根拠 【日本マイクロソフト】
ノートパソコン
企業がワークスタイル変革を進める上で、クライアント環境に求められる条件とは何か。その条件を満たす具体的なデバイスとは。

「PC」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20049872


IT・IT製品TOP > PC > ノートパソコン > ノートパソコンのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ