日本IBM、アプリケーション配布を自動化・効率化するソフト提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本IBM、アプリケーション配布を自動化・効率化するソフト提供


掲載日:2013/09/05


News

 日本アイ・ビー・エム株式会社(日本IBM)は、アプリケーションのリリース(配布)を自動化し、高い品質のビジネス・アプリケーションの開発ライフサイクルの高速化・効率化を支援するソフトウェア製品群「IBM UrbanCode」ファミリーの提供を9月6日に開始する。

 「IBM UrbanCode」ファミリーは、UrbanCode社のARA(アプリケーション・リリース・オートメーション)ソフトウェア製品群を、IBMのラインアップとして提供するもの。自動で包括的な管理を行なうことで、アプリケーションのライフサイクル管理の最適化に加え、モバイルやクラウドを活用した変化の速いビジネスへの対応を強化したいユーザに適している。

 アプリケーションのリリース・プロセスを自動化することで、手作業でのエラーの防止を図れ、リリース作業の監査対応を強化する「IBM UrbanCode Deploy」と、複数アプリケーションや様々な環境へのアプリケーション・リリースの計画・実行・実績を包括的に管理する「IBM UrbanCode Release」で構成されている。UrbanCodeテクノロジーが備えている、ドラッグ&ドロップ操作での容易なリリースのプロセス定義、あらかじめ設定された基準を満たすアプリケーションのみを次のプロセスに進める品質ゲート機能、細かいレベルのセキュリティ設定、誰がどこで何を行なったのかというリリース作業の証跡保持、複数のアプリケーションや様々な環境へのリリースの計画・実行・実績を包括的に管理する機能などは、そのまま提供される。

 クラウドやモバイルへの対応や、テスト自動化製品との連携が強化されている。統合型システム「IBM PureSystems」ファミリーなどと連携し、クラウドやモバイル向けのアプリケーションの自動リリースをサポートする。オープンソースのシステム統合フレームワーク「Chef」をサポートし、「Chef」のレシピを呼び出して構築した環境上にアプリケーションを自動でリリースできる。また、テスト管理・実行ソフトウェア「IBM Rational Quality Manager」などと連携し、アプリケーションのリリース・プロセスの中にテストを組み込め、リリース自動化の範囲を拡大することで、短いサイクルでの頻繁なアプリケーションの開発・テスト・リリースへの対応を行なえる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20049864


IT・IT製品TOP > 開発 > DevOps > DevOpsのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ