テラデータ、Teradata分析システム環境を連携するソフト群を出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


テラデータ、Teradata分析システム環境を連携するソフト群を出荷


掲載日:2013/09/04


News

 日本テラデータ株式会社(テラデータ)は、複数のTeradataシステムを有機的に連携させ、効率的に活用/管理するためのソフトウェア群の新バージョン「Teradata Unity 14.0」の出荷を開始した。

 「Teradata Unity」は、Teradataデータウェアハウス(DWH)と、様々なTeradataの用途別分析プラットフォームなどが相互に補完し合い、企業の分析環境の可用性を向上する“Teradata分析エコシステム”を実現するソフトウェア群。今回の新バージョンは、「Unity Director」「Unity Loader」「Unity Data Mover」「Unity Ecosystem Manager」の4製品で構成され、各ソフトウェア専用のTeradataマネージド・サーバや構築支援サービスと合わせて提供される。まず、Teradata各プラットフォームを管理対象にし、今後はHadoopやメインフレームからのデータロード管理なども対象にしていく。

 「Unity Ecosystem Manager」を活用することで、複数システムを一元管理できるため、管理負荷やコストの軽減を図れるほか、複数世代にわたるプラットフォーム間の同期/管理を行なえる。

 「Unity Director」は、複数のTeradataシステム全体にわたるクエリのルーティングとDBの同期化機能を提供する。冗長性を保つために複数システムに多重に配置されたDBとそのデータを同期し、複数システム間でユーザセッションやクエリを自動制御でルーティングする。「Unity Loader」は、複数のTeradataシステムに自動的に大容量データロードを行なえるデュアル・ロード機能を提供する。

 「Unity Data Mover」は、Teradataシステム間のデータコピーを実行/管理する。任意のテーブルやオブジェクト、行単位レベルでのコピーを行なえ、データロード用のスクリプトが不要なので、開発者やDB管理者の負担軽減を図れる。「Unity Ecosystem Manager」は、複数システム上の各種コンポーネントやプロセス、データの鮮度、アプリケーションの状態までを監視する統合監視ソフトウェアで、Teradataシステムや連携するETLサーバ、BIサーバなど、DWHを構築する関連システム全体を監視対象に、ステータスの表示やアラート発信、フェイルオーバー(障害時の自動切り替え)のサポートなど、システム全体を安定的に運用するためのアクションを行なう。


出荷日・発売日 2013年9月3日 出荷
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「BI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「BI」関連情報をランダムに表示しています。

「BI」関連の製品

テキストマイニングツール「Text Mining Studio」 【NTTデータ数理システム】 汎用データマイニングツール「Visual Mining Studio」 【NTTデータ数理システム】 Dr.Sum EA 【ウイングアーク1st】 汎用データ解析/統計解析ソフトウェア「S-PLUS」 【NTTデータ数理システム】 オールインワンBIツール Actionista! 【ジャストシステム】
BI BI BI BI BI
日本発のテキストマイニングツール。簡単な操作で本格的なテキストマイニングが可能。日本の企業文化に即した多彩な機能を搭載している。 日本発の本格汎用データマイニングツール。データ処理の流れをアイコン表示する直感的でビジュアルプログラミング環境を提供。1000万件以上のデータにも余裕で対応する。 企業システムに蓄積されたデータを部門間や全社規模で集計分析。
Excelやブラウザを用いて、自由な集計分析を実現する多次元高速集計検索エンジン。
世界で20年以上の実績と信頼性を誇るデータ解析ソフトウェア。高度なデータ解析と手軽で豊富なグラフィック機能を兼ね備えている。 “かんたん、きれい、分かりやすい”
「誰でも分析」を実現するオールインワンBIツール。誰でも簡単に本格的な分析が行え、分析結果を組織内で自由に共有することが可能。

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20049856


IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ