テラデータ、Teradata分析システム環境を連携するソフト群を出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


テラデータ、Teradata分析システム環境を連携するソフト群を出荷


掲載日:2013/09/04


News

 日本テラデータ株式会社(テラデータ)は、複数のTeradataシステムを有機的に連携させ、効率的に活用/管理するためのソフトウェア群の新バージョン「Teradata Unity 14.0」の出荷を開始した。

 「Teradata Unity」は、Teradataデータウェアハウス(DWH)と、様々なTeradataの用途別分析プラットフォームなどが相互に補完し合い、企業の分析環境の可用性を向上する“Teradata分析エコシステム”を実現するソフトウェア群。今回の新バージョンは、「Unity Director」「Unity Loader」「Unity Data Mover」「Unity Ecosystem Manager」の4製品で構成され、各ソフトウェア専用のTeradataマネージド・サーバや構築支援サービスと合わせて提供される。まず、Teradata各プラットフォームを管理対象にし、今後はHadoopやメインフレームからのデータロード管理なども対象にしていく。

 「Unity Ecosystem Manager」を活用することで、複数システムを一元管理できるため、管理負荷やコストの軽減を図れるほか、複数世代にわたるプラットフォーム間の同期/管理を行なえる。

 「Unity Director」は、複数のTeradataシステム全体にわたるクエリのルーティングとDBの同期化機能を提供する。冗長性を保つために複数システムに多重に配置されたDBとそのデータを同期し、複数システム間でユーザセッションやクエリを自動制御でルーティングする。「Unity Loader」は、複数のTeradataシステムに自動的に大容量データロードを行なえるデュアル・ロード機能を提供する。

 「Unity Data Mover」は、Teradataシステム間のデータコピーを実行/管理する。任意のテーブルやオブジェクト、行単位レベルでのコピーを行なえ、データロード用のスクリプトが不要なので、開発者やDB管理者の負担軽減を図れる。「Unity Ecosystem Manager」は、複数システム上の各種コンポーネントやプロセス、データの鮮度、アプリケーションの状態までを監視する統合監視ソフトウェアで、Teradataシステムや連携するETLサーバ、BIサーバなど、DWHを構築する関連システム全体を監視対象に、ステータスの表示やアラート発信、フェイルオーバー(障害時の自動切り替え)のサポートなど、システム全体を安定的に運用するためのアクションを行なう。


出荷日・発売日 2013年9月3日 出荷
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「BI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「BI」関連情報をランダムに表示しています。

「BI」関連の製品

テキストマイニングツール「Text Mining Studio」 【NTTデータ数理システム】 Webレポーティングソリューション 「CROWNIX Report & ERS」 【日本エムツーソフト】 オールインワン・セルフBIツール「LaKeel BI」 【レジェンド・アプリケーションズ 】 誰でも簡単にデータ分析できるBIツール「Actionista!」 【ジャストシステム】 3系統で進化を見せるBIツール、気になる主要ベンダーの動きは? 【ジャストシステム】
BI BI BI BI BI
日本発のテキストマイニングツール。簡単な操作で本格的なテキストマイニングが可能。日本の企業文化に即した多彩な機能を搭載している。 業務帳票、管理帳票から半定型分析レポートまでカバーする出力ツール。DB環境は問わず、様々なデータソースと連携できBIツールのような検索・抽出も可能。出力形式も多様。 ETL機能搭載。複数データの統合・分析・レポーティングをこれ1つで実現できるオールインワンBIツール。
サーバライセンス型のため、大人数での利用も一定コストで可能。
達成率だけでは見えない、正しい戦略を引き出すためのBIツール活用術 3系統で進化を見せるBIツール、気になる主要ベンダーの動きは?

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20049856


IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ