この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


SUSE、VMwareとの提携を拡大


掲載日:2013/09/04


News

 SUSE LLC.は、VMware,Inc.との提携を拡大し、「VMware vCloud Hybrid Service」上で「SUSE Linux Enterprise Server for VMware」が第4四半期に提供されることを発表した。

 これまで「SUSE Linux Enterprise Server for VMware」を活用し、自社のデータセンタ内において、仮想Linuxワークロードを稼動させていたVMwareのユーザが、今後クラウド戦略を展開する際に、「SUSE Linux Enterprise Server」上のワークロードを「VMware vCloud Hybrid Service」上で動かすという選択肢を得ることになるとしている。これにより、ITリソースの最適化を柔軟に行なえるようになる。

 「SUSE Linux Enterprise Server for VMware」は、仮想化プラットフォーム「VMware vSphere」に最適化されてバンドルされた、エンタープライズLinuxディストリビューション。保守料は「VMware vSphere」のデータセンタ導入向けサポート契約に含まれている。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

実例:経営企画室長、グループウェア導入で組織風土を変える 【リスモン・ビジネス・ポータル】 EU「一般データ保護規則」(GDPR)対策の遅れを短期間で取り戻す方法 【Splunk Services Japan】 ビッグデータ活用ガイド:50種類以上のデータごとに活用事例を解説 【Splunk Services Japan】 企業が対応すべき「20のセキュリティコントロール」とは? 【Splunk Services Japan】 AIがいち早く異常を検知、内部対策を備えた多層防御の実力とは? 【日本テレマティーク】
グループウェア 統合ログ管理 ビッグデータ 統合ログ管理 フィルタリング
ツールの導入は簡単だが、定着して効果が出るかは別問題。グループウェア導入から約1年で組織風土を変革、離職率低減の成果を上げた企業は、何に取り組んだのかを取材した EU「一般データ保護規則」(GDPR)対策の遅れを短期間で取り戻す方法 ビッグデータ活用ガイド:50種類以上のデータごとに活用事例を解説 企業が対応すべき「20のセキュリティコントロール」とは? AIがいち早く異常を検知、内部対策を備えた多層防御の実力とは?
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20049830



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ