アイフラッグ、廉価なクラウド企業間受発注システムを提供

IT・IT製品TOP > WEB構築 > EC > ECのITニュース > ニュース詳細
この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


アイフラッグ、廉価なクラウド企業間受発注システムを提供


掲載日:2013/09/04


News

 株式会社アイフラッグは、クラウド企業間受発注システム「ホームページマイスター for BtoB」の提供を開始した。

 「ホームページマイスター for BtoB」は、クラウドサービスを利用することで、廉価な月額固定制の料金体系で導入できる上、同社のネット通販システムの技術を応用することで、受注側も発注側も簡単に操作できる。発注側は、ネット通販で買い物をするような感覚で発注でき、スマートフォンからも注文できる。受注側は、ワープロを操作する程度の感覚で商品の掲載や受注・取引先の管理などを行なえる。

 発注側向けには、繰り返し同じ商品群を注文する機能や、月間の注文金額合計を確認できるなどの機能が用意されている。受注側向けには、取引先ごとに販売価格を設定できる機能や、各種データの一括アップ・ダウンロード機能、発注サイトを取引先以外には非公開にする機能など、BtoB EC特有の機能に加え、納品書に商品画像を印刷することで、ピッキングや検品作業をスムーズにするなどの利便性に配慮した機能も備えている。クレジットカード決済などの決済手法にも対応している。

 受発注システム導入時のメニューには、受発注サイトの初期制作に加え、ドメインの取得からデザイン、システム設定などまでがパッケージされている。ツールサポートは、平日・休日問わず、朝9時から夜23時まで受付け、運用面をサポートする。また、商品登録代行や、出張操作インストラクションなどのオプションサービスも用意されている。

 利用料金は、初期費用(サイト初期制作、システム設定)が30万円、月額費用(月間注文数1万行までのシステム保守、ツールサポート)が3万5000円。大規模サイト向けのカスタマイズ(別料金)にも対応する。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「EC」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「EC」関連情報をランダムに表示しています。

「EC」関連の製品

EC・通販統合ソリューション NeoSarf / DM 【NEC】 クラウド型企業間受注支援サービス WEBPSN/EC 【NEC】 E-ASPRO 【東計電算】 EC事業サポートソリューション Commerce21 Sell-Side Solution 【コマースニジュウイチ】 カード自動決済パッケージ CAPS 【セイコーソリューションズ】
EC EC EC EC EC
EC・通販の業務に必要な機能をワンストップで提供。
市場ニーズの多様化、デバイスの多様化の時代に対応可能な、マルチチャネル・デバイスフリーのソリューション。
受注処理をWeb上で行えるようにするECサイト構築クラウドサービス。企業ごとの特性に合わせたカスタマイズにも対応する「セミオーダー型」で、低コスト・短期導入が可能。 通販業務をすべて一元管理。
サイト管理から出荷まで、通販業務を1つのシステムで効率的に管理できるクラウド型フルフィルメント通販ソリューション。
会員登録、商品展示、注文、バックオフィスの店舗管理、展示構成管理、使用者管理、決済処理、受注から配送指示などを網羅した、EC事業向けトータルソリューション。 カード自動決済パッケージ CAPSは導入実績800セット以上を誇る、仕向側・被仕向側双方に適用可能なカード決済パッケージ。決済インフラのスムーズな構築、高効率な運用に。

「WEB構築」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20049824


IT・IT製品TOP > WEB構築 > EC > ECのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ