採用:Balfour Beatty、IT基盤整備のパートナーに富士通を選定

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:Balfour Beatty、IT基盤整備のパートナーに富士通を選定


掲載日:2013/09/03


News

 富士通株式会社は、英Balfour Beatty社が、今後の企業成長と事業革新に向けたIT基盤整備のパートナーとして富士通を選定したと発表した。

 同プロジェクトは、Balfour Beattyの英国事業のITインフラを標準化し、ITコスト削減を図るものだという。

 同社は、社会基盤を整備する企業であるとし、政府系ビジネスの実績のある富士通を選定したとしている。また、世界中の様々な地域のユーザにサービスを提供しているため、富士通がグローバルプロジェクトのノウハウを蓄積していることも、同社をパートナーに選定した重要なポイントだと述べている。

 富士通は、英国内10ヵ所に散在しているBalfour Beattyの1500台のサーバを、ロンドン市内の2つの富士通データセンターに統合し、約5500のアプリケーション・ソフトウェアを合理化するという。富士通のデータセンタには、PCサーバ「FUJITSU Server PRIMERGY」と「FUJITSU Storage ETERNUS」で構成したクラウドと共用ストレージの環境を整備するとしている。また、事業所450ヵ所と作業現場450ヵ所の1万4000名の従業員が利用する端末には、ノートブックPC「FUJITSU PC LIFEBOOK」とデスクトップPC「FUJITSU PC ESPRIMO」が導入される予定で、富士通はデスクトップサービスとユーザーサポートも提供すると伝えている。

 このITインフラの刷新は18ヵ月以上かけて実施される予定で、すでに開始されており、現在は設計フェーズに入ってるという。また、ITインフラの富士通データセンターへの移行にともない、Balfour Beattyの従業員67名が富士通に移籍するとしている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「システムインテグレーション」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「システムインテグレーション」関連情報をランダムに表示しています。

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20049803


IT・IT製品TOP > 開発 > システムインテグレーション > システムインテグレーションのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ