リコー、安定高画質のモノクロプロダクションプリンタを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


リコー、安定高画質のモノクロプロダクションプリンタを発売


掲載日:2013/09/03


News

 株式会社リコーは、プロダクションプリンタ「RICOH Pro」シリーズのモノクロ機の新製品「RICOH Pro 8120S/8110S/8100S」を9月10日に発売する。

 「RICOH Pro 8120S/8110S/8100S」は、コピー/プリンタ/スキャナを標準搭載し、連続複写速度は、「RICOH Pro 8120S」が毎分135枚、「8110S」が110枚、「8100S」が95枚(いずれもA4ヨコ)。

 面発光型半導体レーザー“VCSEL”技術を搭載し、40本のレーザービームで書き込むことで1200×4800dpiの書き込み解像度を達成している。新微粒子トナーを採用し、小粒形の均一な微粒子で、網点の再現性が向上していて、滑らかなハーフトーン、ベタ画像、文字細線を再現できる。スキュー(用紙の斜め搬送)と主走査のレジストを別々に制御するレジスト調整機構を搭載し、突き当て方式でスキュー補正精度が向上しているほか、イメージセンサで用紙端部を検知して補正量を検出し、レジストローラーを移動させることで優れた横レジスト精度を達成している。

 濃度を定期的にチェックしてマシンの電子制御とトナー補給制御を行なうプロセスコントロールを備え、大量出力時でも均一な濃度を保った高品質な印刷を行なえる。本体内の用紙搬送経路と自動両面原稿送り装置の2ヵ所に重送検知機構を搭載し、搬送される用紙に対して超音波で、発生した紙の振動を受信して、複数枚の用紙が搬送された時の変化を検知することで、白紙の混在を未然に防止する。紙サイズは、郵便はがきからA3フルトンボまで出力できるなど、用紙対応力に優れ、プリントオンデマンドビジネスの可能性を拡大できる。また、ベルト定着機構を採用し、コート紙/封筒/薄紙など様々な用紙種類に対応する。

 1パス両面スキャンを行なえる自動両面原稿送り装置を採用し、片面時は毎分120面、両面時は毎分220面の高速スキャンを行なえ、大量印刷/スキャンにも対応する。省エネ設計で、優れた環境性能を備え、グリーン購入法/エコマーク/国際エネルギースタープログラムに適合しているほか、RoHS指令に対応するなど、各種基準をクリアしている。


出荷日・発売日 2013年9月10日 発売
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20049779


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > プリンター > プリンターのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ