システムサポート、ピンを利用するiPad向け営業支援アプリを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


システムサポート、ピンを利用するiPad向け営業支援アプリを提供


掲載日:2013/08/30


News

 株式会社システムサポート(STS)は、iPadの地図上にピンを打ち、顧客訪問履歴の管理などを行なえる、iPad向け営業支援アプリ「Mapプランニング」の提供を開始した。

 「Mapプランニング」では、iPadの地図上にピンを立て、ピンに情報を付加していくことで、ピンの属性情報やコンタクト履歴を蓄積できるほか、サーバアプリケーションと連携させることで、組織単位で情報共有を行なえる。ピンを顧客と捉えることで顧客管理として、ピンを物件と捉えることで物件管理として、ピンを設備と捉えることで設備保全管理として利用できる。業種を問わず、簡単な手順で運用できる。

 簡単な操作で、営業活動中にデータ入力を行なえ、顧客への訪問時に、ピンに“訪問のチェック”を行なうことで訪問履歴を登録できるほか、“必要な付加情報はあとから入力”することで、メモ情報を蓄積できる。メモ情報の追加は、サーバからでもiPadからでも行なえ、直感的に操作でき、利用者教育はほとんど不要。また、外出中はオフラインで入力でき、帰社時にWi-Fi接続でデータ連携を完了できる。

 使用頻度が高い機能と入力項目だけを標準機能として搭載している。基本機能として、顧客管理・活動管理(メモ情報に登録)・営業プロセス管理・アポイント管理・担当者管理・カテゴリ管理を備えているほか、サーバアプリからは、ピン情報のCSVファイルからの一括登録や、複数ユーザのピン情報の一括管理・共有、実績データをCSV出力することでの分析などの2次利用といった機能を利用できる。

 拡張性に優れ、データ構造がシンプルなので、業務に合った柔軟なカスタマイズを行なえ、例えば、既存の社内システムとデータ連携したい、登録できる項目を増やしたい、自動で日報を作成できるようにしたい、営業プロセスのボトルネック分析などを行ないたい、自社の組織構成に合った権限管理を行ないたい、といったカスタマイズにも比較的容易に対応できる。

 価格は49万8000円で、サーバアプリケーション10ライセンス分、初期設定費用、サーバ機器が含まれている。


出荷日・発売日 −−−
価格 49万8000円

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「SFA」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「SFA」関連情報をランダムに表示しています。

「SFA」関連の製品

大量の名刺を迅速にSFAへ登録、営業・マーケティングを強化するデータ整理術 【サンブリッジ】 「Salesforce」の効果を高める名刺管理術、売れる仕組みをどう作る? 【サンブリッジ】 モバイルSFA「cyzen (サイゼン)」 【ソフトバンク コマース&サービス】 イベントで獲得した名刺を次のマーケティング施策に活用する名刺管理サービス 【サンブリッジ】 社内の顧客情報を「Salesforce」で一元管理、名刺情報も集約させる方法とは? 【サンブリッジ】
SFA SFA SFA SFA SFA
大量の名刺を迅速にSFAへ登録、営業・マーケティングを強化するデータ整理術 「Salesforce」の効果を高める名刺管理術、売れる仕組みをどう作る? サービス開始から約4年で950社超の企業が導入するモバイルSFA。多数の業界での導入・活用ノウハウが集約され、営業支援から保守メンテナンスまでさまざまな業務をカバー。 アナログな「名刺」を迅速にデジタル化、効率的にセールス活動する方法 成功事例:「Salesforce一体型の名刺管理ツール」で営業活動に変化が!

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20049740


IT・IT製品TOP > 情報システム > SFA > SFAのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ