日本HP、テープストレージ製品のラインアップを拡充して発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本HP、テープストレージ製品のラインアップを拡充して発売


掲載日:2013/08/30


News

 日本ヒューレット・パッカード株式会社(日本HP)は、テープストレージ製品「HP StoreEverファミリー」のラインアップを強化し、ミッドレンジ向けの新モデル「HP StoreEver MSL6480テープライブラリ」と、エンタープライズ向け「HP StoreEver ESL G3テープライブラリ」の機能強化モデルと高密度拡張モジュールを発売した。

 「HP StoreEver MSL6480テープライブラリ」は、中から大規模エンタープライズ向けで、統合データ保護からビッグデータ向けアーカイブまでに対応できるプラットフォーム。6uのライブラリモジュールを7台まで追加でき、カートリッジスロットは最大560スロットまで拡張できる。テープドライブは42台まで拡張でき、最大毎時60.4TBのパフォーマンスと最大3.5PB(圧縮率2.5:1のLTO-6利用時)の容量に対応する。この最大構成を19インチラック1台に収められる。また、既存のMSLテープドライブを再利用できるほか、ユーザ自身で導入・アップグレード・サービスを行なえる。

 「HP StoreEver ESL G3テープライブラリ」は、エンタープライズ向けの大容量テープライブラリ製品で、今回の機能強化モデルでは、新たに高密度拡張モジュールが提供され、ドキュメント、画像や動画などのリッチコンテンツに対応する超大容量アーカイブを構築できる。また、スモールスタートで柔軟な拡張性を備え、高密度拡張モジュールを利用することで、カートリッジスロットを100〜1万2006、容量を最大75PBまで拡張できる(圧縮率2.5:1のLTO-6利用時)。100スロット単位でオンデマンド増設を行なえるほか、仮想パーティションとメディア・プールでリソースを最適化できる。

 可用性に優れ、デュアルアクティブ・ロボティクスに対応することで、メディア交換機構を冗長化でき、2つのロボティクスで同時にアクセスすることでメディア交換を高速化できる。アクセスパスを冗長化(ドライブ、コントロール)できるほか、300万MSBF(平均故障間スワップ回数)を達成している。また、管理性に優れ、「HP CommandViewテープライブラリソフトウェア」で複数ライブラリを単一GUIで集中管理できるほか、「HP StoreOpen Automation」で、LTFSに対応した直観的なファイル操作を行なえる。「TapeAssure」でテープメディアとドライブをプロアクティブに監視でき、ライブラリの健全な運用を維持できる。


出荷日・発売日 2013年8月29日 発売
価格 お問い合せ下さい

「日本ヒューレット・パッカード」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「テープストレージ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「テープストレージ」関連情報をランダムに表示しています。

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20049737


IT・IT製品TOP > ストレージ > テープストレージ > テープストレージのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ