矢野経済研究所、国内の3Dスキャナ市場の調査を実施

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


矢野経済研究所、国内の3Dスキャナ市場の調査を実施


掲載日:2013/08/29


News

 株式会社矢野経済研究所は、国内の3Dスキャナ市場の調査を実施したと発表した。

 調査期間は6月〜8月、対象は3Dスキャナメーカー/3Dソフトウェアメーカー/商社などで、調査方法は同社専門研究員による直接面談、電話・メールによるヒアリング、文献調査を併用している。

 同調査における3Dスキャナとは、計測・測定対象物(品)に触れることなく、レーザーなどの光源によって地形や構造物(品)などの3次元座標(点群)データを瞬時に取得することができる計測・測定機器を指す。また、同調査では3Dスキャナを主に計測範囲が1メートル以下の“短距離製品”と計測範囲がより広い“長距離製品”に分類したとしている。

 3Dスキャナの主な需要分野は、金型・樹脂成形品などの“工業系用途”、医療向けやフィギュア製作などエンターテイメント業界向けの計測をする“非工業系用途”、ダムや橋梁など大規模構造物を計測する“土木・建築系用途”などがあるという。

 同社は調査結果サマリーとして2点を発表している。1つは、2012年度の国内3Dスキャナ市場は、数量が1280台(前年度比136.2%)、金額が76億8000万円(同125.3%、事業者売上高ベース)となったという。短距離製品は主要分野である試作・検査・評価・リバースエンジニアリングなどの工業系用途ユーザ企業の設備投資が堅調に推移したことに加え、歯科、美容などの医療分野や3Dプリンタを軸としたコンシューマ、SOHO向けサービス事業者への導入が進展した。一方、長距離製品は土木・建設系用途の底堅いリプレース需要に支えられながら堅調に推移したとしている。

 2つめは、今後、非工業系用途でB to B to C市場やB to C市場での需要が拡大していくと予測している。エステやスポーツクラブなどで使用されるボディスキャナ・フェイススキャナに加え、デザイン確認、ものづくり支援で美術系や工業系の大学・専門学校、エンターテイメント関連事業者への導入が進み、エンドユーザがコンシューマである市場が形成されると考察している。これらを背景に、2016年度の国内3Dスキャナ市場は、数量が2300台、金額が110億円(事業者売上高ベース)へ成長すると予測している。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

CMSソフトウェア Movable Type 【シックス・アパート】 Windows 10移行の3つのヒント――キッティング工数・コストを削減する方法 【クエスト・ソフトウェア】 金融企業の事例に学ぶ、DBの高可用性とTCO削減を両立するレプリケーション手法 【クエスト・ソフトウェア】 「分散型WAN」に最適化したSD-WANはなぜ業務を止めないか 【バラクーダネットワークスジャパン】 Office 365への移行で避けられないネットワーク負荷、その効率的な解消方法とは 【バラクーダネットワークスジャパン】
CMS IT資産管理 その他バックアップ関連 WAN 認証
効率的なウェブサイト運用を実現する、国内シェアNo.1のCMSプラットフォーム。安心のセキュリティ、豊富なソリューションで、小中規模からエンタープライズまで対応。 Windows 10移行の3つのヒント――キッティング工数・コストを削減する方法 金融企業の事例に学ぶ、DBの高可用性とTCO削減を両立するレプリケーション手法 クラウドの利用が当たり前のいま、企業のWAN環境に求められる要件も変化している。効率よくWAN最適化を実現し、セキュアで高品質な通信環境を獲得する方法を紹介する。 Office 365への移行で避けられないネットワーク負荷、その効率的な解消方法とは
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20049692



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ