ヴイエムウェア、SDDCを推進する製品群とサービスを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ヴイエムウェア、SDDCを推進する製品群とサービスを提供


掲載日:2013/08/28


News

 ヴイエムウェア株式会社は、IT業務の簡素化を図りたい企業のニーズに対応するため、IT部門がSoftware-Defined Data Center(SDDC)アーキテクチャの採用を加速し、ネットワークとセキュリティ、ストレージと可用性、管理と自動化などの領域で、仮想化のメリットを活用するための新しい製品群/サービスを、2013年第3四半期から順次提供する。

 SDDCアーキテクチャは、仮想化の原則をデータセンタの全リソース/サービスに拡大し、ポリシー ベースで自動化することで、コンピューティング/ストレージ/ネットワーク リソースのプロビジョニングと管理を簡素化/迅速化できる。今回、ユーザがインフラを仮想化してサービスとして提供し、プライベート/ハイブリッド/パブリック クラウドを構築/運営するための効率性/俊敏性/管理性を実現できる4製品が発表された。

 「VMware NSX」は、ネットワーク ハードウェアから分離した完全なネットワーク/セキュリティ モデルをソフトウェアで提供するネットワーク仮想化プラットフォームで、俊敏性の向上とコスト削減を図れるネットワーク運用モデルを提供する。

 「VMware Virtual SAN」は、VMware vSphereの機能を直接接続型ストレージ(direct-attached storage)のリソースのプール化にまで拡大するテクノロジーで、サーバのディスクとフラッシュをクラスタリングした仮想データプレーンを提供し、仮想マシン(VM)向けに高パフォーマンスで耐障害性を備えた共有ストレージを作成でき、コンピューティングとストレージを細かな単位で素早く拡張できる。

 「VMware vCloud Suite 5.5」では、新機能の追加や既存機能の強化が行なわれ、ユーザは、Software-Defined Data Centerアーキテクチャに基づいたVMware vSphereベースのプライベート クラウドを構築/運営できるほか、ポリシーに基づいてアプリケーションのオンデマンドなプロビジョニング/配置/設定/制御を自動化する組み込み型のインテリジェンスを備えた、仮想化されたインフラ サービスを提供できる。

 「VMware vSphere with Operations Management 5.5」は、vSphereと、ワークロード キャパシティとシステムの状態に関するインサイトを提供する機能を組み合わせた製品で、IT環境全体のパフォーマンスをプロアクティブに監視/管理しながら、統合的なキャパシティ プランニングを通じて環境を最適化できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「その他仮想化関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他仮想化関連」関連情報をランダムに表示しています。

「仮想化」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20049666


IT・IT製品TOP > 仮想化 > その他仮想化関連 > その他仮想化関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ