リバーベッド、WAN最適化の基盤ソフトと新アプライアンスを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


リバーベッド、WAN最適化の基盤ソフトと新アプライアンスを発売


掲載日:2013/08/27


News

 リバーベッドテクノロジー株式会社(リバーベッド)は、Steelhead WAN最適化ソリューションの基盤ソフトウェア「Riverbed Optimization System」(RiOS)を「8.5」にアップグレードしたほか、新ハードウェアアプライアンス「Steelhead CX 255」シリーズを追加し、2013年第3四半期(予定)に発売する。

 RiOS 8.5の新機能の1つ“パスセレクション(経路選択)”は、優れたパフォーマンスを達成しながら、ハイブリッドMPLSやインターネット・ネットワーク管理の簡素化を図れるほか、SharePoint 2013やExchange 2013などのアプリケーションの最適化が追加されている。

 WAN最適化ソリューション「Cascade Profiler 10.0.7」との統合を図れ、Steelhead WAN最適化ソリューションの導入でCascadeFlowデータ内のDPI機能を統合することで、アプリケーションを意識したネットワークパフォーマンスの管理機能が拡大され、QoSパラメーターを迅速に識別して、優先順位付けや微調整を行なえる。また、ビジネスに必要なアプリケーションと不要なWebトラフィックのルートを設定することもでき、QoSやパスセレクション(経路選択)、アプリケーションを意識したネットワークパフォーマンスの管理機能などを組み合わせることで、様々なコントロールを行なえる。

 「Steelhead CX 255」アプライアンスは、1秒あたりの帯域幅容量は最大6メガビットで、大規模なSteelhead WAN最適化ソリューションと同等の性能を小規模支店にも提供できる上、帯域幅利用の最大98%削減、最大100倍のアプリケーションの高速化も図れる。これらにより、パフォーマンスとエンタープライズクラスのWAN最適化をコスト効率よく社内に提供できると同時に、優れたユーザエクスペリエンスを提供できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ネットワーク機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20049591


IT・IT製品TOP > ネットワーク機器 > WAN高速化 > WAN高速化のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ