EIZO、24.1インチ〜22.0インチのワイド液晶モニタ5機種を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


EIZO、24.1インチ〜22.0インチのワイド液晶モニタ5機種を発売


掲載日:2013/08/27


News

 EIZO株式会社は、PC用カラー液晶モニタ「FlexScan EV」シリーズの新モデル5機種を8月29日に発売する。価格はオープン価格。

 今回発売されるのは、24.1インチWUXGA(1920×1200ドット)の「FlexScan EV2436W-Z/EV2416W-Z」、23.0インチフルHD(1920×1080ドット)の「EV2336W-Z/EV2316W-Z」、22.0インチWSXGA+(1680×1050ドット)の「EV2216W-Z」の計5モデル。

 スタンド部は、作業しやすい画面位置に自由に調整できる新デザインの“FlexStand”を採用し、全機種ともモニタ部の縦回転可動や下方向5度のチルト可動を行なえる。スタンド部の奥行きや接地面積、梱包箱の大きさは、コンパクト化されている。また、金融市場など複数台のモニタを同時に使用する用途向けに、専用ソフトウェアから各モニタを一括調整して表示のばらつき解消を図れる“Multi-Monitor Match”機能が追加されている。

 周囲の明るさに応じて、画面の輝度をまぶし過ぎず暗過ぎない快適な明るさに調整する自動調光機能“Auto EcoView”を搭載しているほか、輝度やコントラストを抑えるフィルタの表示や微調整を行なえる“EyeCare Filter”機能が用意されていて、“Auto EcoView”と表示モード“Paperモード”の組合せで、画面からのブルーライト量を抑制する“ブルーライトカット機能”に対応している。

 昇降・チルト・スウィーベル可動とモニタ部の縦回転に対応するスタンドを搭載し、画面が見やすく、疲れにくい姿勢にモニタ部の位置を調整できるほか、LEDバックライトの点滅時間で制御する“PWM調光”と、電流の増減で制御するDC調光を組合せた“EyeCare調光方式”を採用し、低輝度表示時に発生するちらつきを抑制している。また、画面への光の反射や映り込みが目立ちにくいノングレアパネルを採用している。

 自動調光機能“Auto EcoView”でバックライトの輝度を抑えることで、意識せずに消費電力を抑制できるほか、画面全体の明るさやコンテンツの視認性が保持されるように補正しながら、映像に連動したバックライトの輝度抑制を行なう“EcoView Optimizer 2”機能を搭載している。利用者の離着席に自動で電源をオフ/オンする人感センサ“EcoView Sense”を搭載しているほか、1次電源オフ時の消費電力0Wを達成している。DisplayPort、DVI-D 24ピン、D-Sub 15ピン(ミニ)の3系統入力に加え、USB(UP)×1系統とUSBハブ×2系統を搭載している。


出荷日・発売日 2013年8月29日 発売
価格 オープン価格

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「PC」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20049589


IT・IT製品TOP > PC > デスクトップパソコン > デスクトップパソコンのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ