NTTデータ、AutoGridと電力ピークカット手法の共同研究を開始

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NTTデータ、AutoGridと電力ピークカット手法の共同研究を開始


掲載日:2013/08/26


News

 株式会社エヌ・ティ・ティ・データ(NTTデータ)は、米AutoGrid Systems,Inc.(AutoGrid)と、リアルタイムビッグデータ分析に基づいた需要家ごとの電力消費の予測により、需要家側での自主的な省エネ行動を促進する、ボトムアップ型ピーク電力削減手法の共同研究を9月より開始すると発表した。

 NTTデータによると、世界的な電力需要拡大に対応するため、ITを活用したピーク電力削減のニーズの高まりとともに、デマンドレスポンスをはじめとするデマンドサイドマネジメントの導入が拡大しており、今後も成長が見込まれている。

 現在のピーク電力削減手法は、電力会社などが直接負荷制御方式のデマンドレスポンスのように需要家設備を制御し、ピーク電力削減を行なうといったトップダウン型が主流である一方、NTTデータとAutoGridが研究対象とする手法は、ビッグデータ分析技術を用いてリアルタイムに需要家ごとの電力消費の予測分析を行ない、その分析結果を需要家にフィードバックすることで需要家側での自主的な省エネ行動を促進して、ボトムアップ型の電力ピーク削減を可能にするものだという。

 これにより、需要家の自発的なピーク電力削減による電力系統の安定化と、需要家の電気料金削減の両立を目指すとしている。

 同研究では、NTTデータの大規模かつ複雑な情報システムの構築ノウハウと、AutoGridの電力業界向けのビッグデータ予測分析の専門技術及び同社が保有するITプラットフォーム(Energy Data Platform)を活用し、今まで難しかった需要家ごとのリアルタイム電力消費予測に基づいたデマンドサイドマネジメントの手法を確立することで、新たなピーク電力削減手法の実施を目指すと伝えている。

 また、同共同研究が完了した際には、NTTデータとAutoGridのパートナーシップを活用し、北米を中心とした電力関係企業などへの展開を検討していく予定であるほか、EUやアジア(日本含む)など他地域への展開も含めて検討を進めていくとしている。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

AWS環境からの情報漏えいを防止、ユーザー側で行うべき公開サーバの脆弱性対策 【トレンドマイクロ】 サポートが終了したOSを継続利用、延命利用中に必須のセキュリティ対策 【トレンドマイクロ】 日本企業も対象になり得るGDPR(制裁金最大26億円)にどう対処するのか? 【Jiransoft Japan】 SAS Data Management 【SAS Institute Japan】 SAS Visual Analytics 【SAS Institute Japan】
WAF 検疫 その他運用管理関連 ビッグデータ BI
AWS環境からの情報漏えいを防止、ユーザー側で行うべき公開サーバの脆弱性対策 サポートが終了したOSを継続利用、延命利用中に必須のセキュリティ対策 日本企業も対象になり得るGDPR(制裁金最大26億円)にどう対処するのか? 膨大・煩雑な生データを「使えるビジネス資産」に変換する方法 BIを生かす秘訣は「Microsoft Office」との連携にあり
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20049571



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ