CTC、APT攻撃に対する企業システムの耐性診断サービスを開始

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


CTC、APT攻撃に対する企業システムの耐性診断サービスを開始


掲載日:2013/08/23


News

 伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(CTC)は、長期的かつ高度な標的型攻撃“APT”(Advanced Persistent Thread)に対する企業システムの耐性を診断するセキュリティサービス「APT攻撃対応アセスメントサービス」の提供を開始した。価格は600万円から。

 「APT攻撃対応アセスメントサービス」は、業種/業態や企業の規模、ビジネスの状況に応じた攻撃リスクの洗い出し、構成図を含めたシステム設計のドキュメント、運用手順書、システムログファイルの確認、システム運用担当のヒアリングや対象システムの確認などによって、企業としてAPTによる標的型攻撃にどれだけ耐性があるかを診断し、改善点を提示するサービス。

 “侵攻/潜入”“調査”“浸透”“目的遂行”という、APTによる標的型攻撃の段階に沿って、それぞれの攻撃に対する耐性を診断し、攻撃の痕跡と現状の対策の分析を通して、設計面と運用面での改善を提案する。


出荷日・発売日 −−−
価格 600万円〜

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「セキュリティ診断」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「セキュリティ診断」関連情報をランダムに表示しています。

「セキュリティ診断」関連の製品

アプリケーションのセキュリティ管理を行うための5ステップ 【日本アイ・ビー・エム】 2大Web攻撃への備えは万全か? Webページとネットワークの脆弱性をプロが診断 【ゲイトウェイ・コンピュータ】 狙われる前に先手を 情報漏えい防止に「動的診断ツール」の理由 【日本アイ・ビー・エム】 4分の3以上がモバイルアプリのセキュリティ確保で苦慮、なぜ? 【日本アイ・ビー・エム】
セキュリティ診断 セキュリティ診断 セキュリティ診断 セキュリティ診断
管理者がアプリケーションのセキュリティ管理を行うための5つのステップ 2大Web攻撃への備えは万全か? Webページとネットワークの脆弱性をプロが診断 狙われる前に先手を 情報漏えい防止に「動的診断ツール」の理由 4分の3以上がモバイルアプリのセキュリティ確保で立ち往生、それはナゼか?

「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20049540


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > セキュリティ診断 > セキュリティ診断のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ