SBT、BYOD対策製品でForeScoutと一次代理店契約を締結

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


SBT、BYOD対策製品でForeScoutと一次代理店契約を締結


掲載日:2013/08/23


News

ソフトバンク・テクノロジー株式会社(SBT)は、ネットワークアクセスコントロール分野のForeScout Technologies K.K.(ForeScout)の製品である「CounterACT」を一次代理店として販売開始すると発表した。

 「CounterACT」は、BYOD(Bring Your Own Device)セキュリティ対策及びネットワーク接続制御を行なうアプライアンス製品。管理者が設定したセキュリティ状況を基に、ポリシーに違反する端末の自動検知、エージェントレスでの不正端末の検疫などを可能にする。

 SBTは今回の一次代理店契約を機に、すでに提供を開始している“BYOD検疫導入・運用サービス”の機能拡充を進め、ユーザにとって安心・安全に利用できるBYODサービスの提案を推進していくとしている。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

SSOcube 【ネットスプリング】 店舗検索システム GOGA Store Locator 【ゴーガ】 マイクロソフトが自ら実践、「デジタル変革」の全体像とは 【日本マイクロソフト】 ProPlus for C-x 【プロシップ】 ProPlus固定資産システム 【プロシップ】
シングルサインオン その他WEB構築関連 CRM ファシリティマネジメント ファシリティマネジメント
シングルサインオン、ID管理・認証機能まで、オールインワンで実装したシングルサインオンアプライアンス。
◎低コスト化を実現、導入・運用管理も容易。
Google Maps APIを利用し、企業がWebサイトで利用する店舗検索コンテンツを容易に作成、メンテナンスできるクラウドサービス。 マイクロソフトが自ら実践、「デジタル変革」の全体像とは 「固定資産管理システム」統合事例:グループ全体の最適化で効率化とコスト削減 グローバル事業の会計基準を統合――事例に学ぶIFRS対応を進める効果的な方法
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20049537



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ