富士通など、DRのソフトウェアがOpenADR2.0bの認証を取得

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


富士通など、DRのソフトウェアがOpenADR2.0bの認証を取得


掲載日:2013/08/23


News

 富士通株式会社と株式会社富士通研究所、Fujitsu Laboratories of America,Inc.は、同3社が開発したデマンドレスポンス(DR)のクライアント機能(VEN:Virtual End Node)ソフトウェアが、最新規格であるOpenADR2.0bの認証を取得したと発表した。

 同社グループは、7月にDRの国際標準規格の策定を進めるOpenADRアライアンス(スマートグリッドの標準規格OpenADRの開発促進・普及を図る非営利団体)から新規格のOpenADR2.0b仕様が公開されたことを受け、規格に準拠したソフトウェアを開発してきた。

 DRとは、電力供給の逼迫時に発電量を増やさず、需要家に対して節電を要請し、電力の需給バランスを維持する仕組みで日本での導入が期待されているという。同ソフトウェアが、家庭や企業のエネルギーマネジメントシステムに広く搭載されることで、経済的で安定した電力需給システムの構築や、DRに関連した新しいビジネスの創造が期待されるとしている。

 クライアント機能ソフトウェアは、OpenADR2.0bに準拠した通信手順のためのメッセージ処理機能と、クライアントに共通な管理機能を提供している。また、ビルエネルギーマネジメントシステム(BEMS)や家庭のエネルギーマネジメントシステム(HEMS)などの需要家ごとのアプリケーションを効率的に開発するためのAPI(Application Programing Interface)を備えているという。これによりOpenADR準拠の通信手順ソフトに手を加えることなく、需要家側のシステムをOpenADRに対応させることを容易にするとしている。

 今後、ビル管理システムベンダや、BEMSやHEMSのアグリゲータへDRクライアント機能ソフトウェアを用いたソリューションを提供していくほか、OpenADR2.0bに準拠したDRサーバ機能(VTN:Virtual Top Node)ソフトウェアの開発も進め、OpenADR対応システムの普及によるエネルギー利用の効率化、環境支援を進めていくと伝えている。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

電子印鑑対応 ワークフローシステム DocGear 【シヤチハタ】 高速バックアップ/リカバリ 「System Recovery」 【ベリタステクノロジーズ】 Amazon S3とAPI互換でハイブリッドに構成できるIBM Cloud Object Storageとは? 【日本アイ・ビー・エム株式会社】 重複排除できない? 新旧の技術比較で正しくバックアップ 【arcserve Japan】 現状に合わせた最適化が必須!“バックアップ見直し”のススメ 【arcserve Japan】
ワークフロー バックアップツール NAS バックアップツール バックアップツール
承認フローを電子化し、業務を効率化するワークフローシステム。文書管理も行え、承認ファイルの所在・進捗の把握も簡単に。スマホ・タブレット対応で迅速な承認が可能。 サーバ、ノートPC、仮想マシンに対応する「高速バックアップ/リカバリソリューション」。Windows Server 2016、SQL 2016など、Microsoft社の最新製品にも対応。 Amazon S3とAPI互換でハイブリッドに構成できるIBM Cloud Object Storageとは? その重複排除では重複排除できない? 新旧の技術比較で正しくバックアップ 最大12TBまで使い放題!リストア楽々、簡単バックアップ
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20049533



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ