富士通など、DRのソフトウェアがOpenADR2.0bの認証を取得

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


富士通など、DRのソフトウェアがOpenADR2.0bの認証を取得


掲載日:2013/08/23


News

 富士通株式会社と株式会社富士通研究所、Fujitsu Laboratories of America,Inc.は、同3社が開発したデマンドレスポンス(DR)のクライアント機能(VEN:Virtual End Node)ソフトウェアが、最新規格であるOpenADR2.0bの認証を取得したと発表した。

 同社グループは、7月にDRの国際標準規格の策定を進めるOpenADRアライアンス(スマートグリッドの標準規格OpenADRの開発促進・普及を図る非営利団体)から新規格のOpenADR2.0b仕様が公開されたことを受け、規格に準拠したソフトウェアを開発してきた。

 DRとは、電力供給の逼迫時に発電量を増やさず、需要家に対して節電を要請し、電力の需給バランスを維持する仕組みで日本での導入が期待されているという。同ソフトウェアが、家庭や企業のエネルギーマネジメントシステムに広く搭載されることで、経済的で安定した電力需給システムの構築や、DRに関連した新しいビジネスの創造が期待されるとしている。

 クライアント機能ソフトウェアは、OpenADR2.0bに準拠した通信手順のためのメッセージ処理機能と、クライアントに共通な管理機能を提供している。また、ビルエネルギーマネジメントシステム(BEMS)や家庭のエネルギーマネジメントシステム(HEMS)などの需要家ごとのアプリケーションを効率的に開発するためのAPI(Application Programing Interface)を備えているという。これによりOpenADR準拠の通信手順ソフトに手を加えることなく、需要家側のシステムをOpenADRに対応させることを容易にするとしている。

 今後、ビル管理システムベンダや、BEMSやHEMSのアグリゲータへDRクライアント機能ソフトウェアを用いたソリューションを提供していくほか、OpenADR2.0bに準拠したDRサーバ機能(VTN:Virtual Top Node)ソフトウェアの開発も進め、OpenADR対応システムの普及によるエネルギー利用の効率化、環境支援を進めていくと伝えている。



関連キーワード

「富士通」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

ハイブリッド型 勤怠管理システム「ShiftMAX」 【KYODOU】 オールインワン・セルフBIツール「LaKeel BI」 【レジェンド・アプリケーションズ 】 ワンタッチでビデオ会議を開始、「Skype for Business」をさらに効率化する方法 【ロジクール+他】 未知の脅威からの被害を防ぐ、セキュリティの新コンセプト「SDSN」とは 【ジェイズ・コミュニケーション】 「秒速スタート」は当たり前、今日から始める次世代のWeb会議 【ロジクール+他】
勤怠管理システム BI Web会議 ファイアウォール Web会議
Excelから直接クラウドサービスに接続し、シフト管理、勤怠管理が行えるハイブリッド型のシステム。会社ごとに異なる勤務形態にも柔軟に対応できる。 豊富なテンプレート・徹底したサポートにより、「使いこなせる」BIツール。
分析が初めての方に必要な機能を1つにまとめたオールインワンパッケージ。
ワンタッチでビデオ会議を開始、「Skype for Business」をさらに効率化する方法 未知の脅威からの被害を防ぐ、セキュリティの新コンセプト「SDSN」とは 国内外に複数の拠点を持つ企業なら欲しいWeb会議システム。しかし、導入しても使い方が複雑となると、せっかくの投資効果が台無しだ。どういう製品を選べばいいのか。
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20049533



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ