マイクロフォーカス、ソフト開発向け要件管理ツールの新版を出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


マイクロフォーカス、ソフト開発向け要件管理ツールの新版を出荷


掲載日:2013/08/21


News

 マイクロフォーカス株式会社は、要件管理ツールの新バージョン「Caliber 11.1」の出荷を開始した。

 「Caliber」では、開発プロジェクトの全工程を通じて要件を管理/追跡できるため、変更される要件に対しプロジェクトの進行をリスクにさらさずに、影響範囲を分析し迅速に対応できるようになる。また、トレーサビリティ機能が提供され、Silk CentralやHP Quality Centerといったテスト管理ツールと連携することで、テストフェーズでの要件との関係付けを行なえる。

 3つの製品コンポーネント“Author”“Visualize”“Review”で構成されている。“Author”は、リッチなGUIを採用した機能的な専用クライアントで、複雑なソフトウェア開発の要件をチーム全体で一元管理できる。“Visualize”は、ビジネスシナリオの作成や要件定義を可視化し、プロジェクト関係者の間で協調して要件を正確に定義できる。“Review”は今回の新バージョンで追加されたコンポーネントで、“Author”や“Visualize”で作成した要件をブラウザ経由で参照し、フィードバックやディスカッションを行なえる。

 価格は、インストールしたマシンに固定されずに、購入したライセンス分を同時に利用できる“コンカレントライセンス”が97万5000円(初年度保守料込)。


出荷日・発売日 2013年8月20日 出荷
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「開発ツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「開発ツール」関連情報をランダムに表示しています。

「開発ツール」関連の製品

現場主導で業務をシステム化――働き方改革を実現する4種のアプリ作成法 【ネオジャパン】 業務アプリ作成ツールは誰でも使えるのか? 開発“無”経験者が試してみた 【株式会社ネオジャパン】 Web Performer 【キヤノンITソリューションズ】 多機能・高精細ビューイングエンジン PrizmDoc 【ラネクシー】 業務システム開発の部品組み立て型開発基盤 「楽々Framework3」 【住友電工情報システム】
開発ツール 開発ツール 開発ツール 開発ツール 開発ツール
現場主導で業務をシステム化――働き方改革を実現する4種のアプリ作成法 業務アプリ作成ツールは誰でも使えるのか? 開発“無”経験者が試してみた ノンプログラミングでJavaのWeb アプリを100%自動生成する、マルチブラウザ対応超高速開発ツール。コーディングの自動化とそれによる品質の均一化により開発期間短縮可能 PrizmDoc は開発ツールです。Webアプリケーション上に構築するビューイングエンジンです。低コストで効率的に多機能・高精細ビューイングソフトを作成可能。 データ中心設計(DOA)による徹底した標準化により、開発、保守工程の生産性向上を支援する部品組み立て型の開発基盤。小規模開発から大規模基幹システムまで幅広く対応。

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20049487


IT・IT製品TOP > 開発 > 開発ツール > 開発ツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ