UBTC、LEDプロジェクタ中心にプレゼンなど向けのキットを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


UBTC、LEDプロジェクタ中心にプレゼンなど向けのキットを発売


掲載日:2013/08/21


News

 ユニバーサル・ビジネス・テクノロジー株式会社(UBTC)は、手のひらサイズで、小規模なプロジェクションマッピングにも使えるLEDプロジェクタ「Optoma ML550J」を中心にビジネスプレゼンテーションや店舗ディスプレイの現場で機動的に使用できる「どこでもプレゼンテーション&ディスプレーキットII」を発売した。

 「Optoma ML550J」は、10.5cm×10.65cm×3.95cm、重さ約400gのコンパクトボディながら、500ANSIルーメン、最大投影サイズは対角100インチのLED光源プロジェクタで、持ち運びの手軽さと環境を問わず使用できる明るさを備えている。今回発売された「どこでもプレゼンテーション&ディスプレーキットII」は、「ML550J」を中核に、プレゼンテーションや店舗でのディスプレイを効果的に行なうための、プロジェクタスタンド「どこでもアーム」、Wi-Fiディスプレイ接続機器「Wi-Fiディスプレイドングル」、書画カメラ「HoverCam Mini5」で構成されている。

 「どこでもアーム」は、フレキシブルアームを利用して机などにセットできる、簡単なプロジェクタ固定装置で、水平方向に加え、天井・床などでもプロジェクタの照射を行なえる。「Wi-Fiディスプレイドングル」は、スマートフォン・タブレットPC・ノートPCのWi-Fiからディスプレイ装置にワイヤレスで表示・再生でき、フルHD1080p高画質動画・高音質オーディオに対応する。また、「HoverCam Mini5」は、小型・軽量159gのコンパクト設計で持ち運びできるポケットタイプのスキャナ・書画カメラで、本体にUSB2.0端子が付属しているため、ケーブル不要で、直接PCに接続できる。

 「ML-550J」と「Wi-Fiディスプレイドングル」の「どこでもプレゼンテーション」キットでは、PCやスマートフォン、タブレットからワイヤレスでモバイルプレゼンテーションを行なえるほか、「どこでもアーム」との「どこでもディスプレー」キットでは、従来の横置き方プロジェクタ設置ではできないような位置からのディスプレイを店舗などで行なえる。「HoverCam Mini5」との「どこでもプレゼンBook」キットでは、携帯型ミニスキャナを使用して書籍やカタログのイメージを大画面にプレゼンできる。


出荷日・発売日 2013年8月20日 発売
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20049484


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > プロジェクター > プロジェクターのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ