採用:IIJグローバル、クラウドサービス提供基盤にIBM製品を採用

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:IIJグローバル、クラウドサービス提供基盤にIBM製品を採用


掲載日:2013/08/21


News

 日本アイ・ビー・エム株式会社(IBM)は、株式会社IIJグローバルソリューションズ(IIJグローバル)が株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ)のクラウド・サービス「IIJ GIO」サービスのラインアップとして提供する、IBM i向け「IIJ GIO Power-i」サービスの基盤として、IBMの統合型システム「IBM PureFlex System」が採用されたことを発表した。

 IIJグローバルは、新サービスの開始にあたり、運用管理の負荷は抑えながら、利用者に対して短期間でサービスを提供開始でき、かつ、今後の急激な利用者の拡大にも耐えうる、信頼性と拡張性の高いシステム基盤を求めていたという。

 「PureFlex System」には、サーバ、ストレージ、ネットワークなど、クラウド基盤構築に求められるハードウェアがあらかじめ統合されているため、従来の製品よりも迅速な稼働開始を可能にし、サービスの安定的な提供を支えられると伝えている。

 新しいシステム基盤は、POWER7プロセッサを搭載する「IBM Flex System p460コンピュート・ノード」「IBM Flex System p260コンピュート・ノード」とストレージ「IBM Storwize V7000」で構成されている。

 同基盤は、簡単な操作によりハードウェア、ネットワーク、ストレージを一元管理できる「IBM Flex System Manager」によって管理される。POWER7プロセッサを搭載したコンピュート・ノードは、業務停止を防ぐ様々な機能を備えた「Power Systems」のテクノロジを実装しており、運用管理の負荷を抑えながら高い可用性を可能にする。また、仮想化機能「PowerVM」によって高集約な仮想統合が可能で、業務処理量やサービス利用者が増えた場合にも、サーバ全体で共有しているハードウェア資源を、運用管理者を介さずに自動的かつ迅速に割り当てられる。システムの運用管理については、FSMの活用により、運用作業の簡略化とワークロードの軽減を図れるとしている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「データセンター」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20049471


IT・IT製品TOP > データセンター > その他データセンター関連 > その他データセンター関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ