freee、クラウド型会計ソフトで消費税に関する機能を強化

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


freee、クラウド型会計ソフトで消費税に関する機能を強化


掲載日:2013/08/21


News

 freee株式会社は、個人事業主/中小企業向けのクラウド型会計ソフト「freee」で、消費税に関する機能を強化し、新消費税制度へ柔軟に対応できるようにした。

 「freee」は、銀行やクレジットカードの入出金明細を自動で取り込み、記帳を自動化できる。簿記の知識がなくても簡単に使用できる。

 今回の機能強化では、売上や経費を消費税分と分けて表示したり処理できる“税抜経理機能”と、設定できる税区分が増加し様々な消費税の計算方法に対応できる“税区分管理機能”が追加された。

 また、“税区分の設定機能”で、これまでサポートしていた、簡易課税/本則課税の一括比例配分方式に加え、本則課税の個別対応方式に対応した。個別対応方式の消費税の集計にも今後対応する予定。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「会計システム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「会計システム」関連情報をランダムに表示しています。

「会計システム」関連の製品

予算編成システム BizForecast(ビズフォーキャスト) 【プライマル】 交通費・経費精算クラウド 経費BankII 【SBIビジネス・ソリューションズ】 ZeeM 会計 【クレオマーケティング】 iPad用POSレジアプリ 「Ubiregi(ユビレジ)」 【ソフトバンク コマース&サービス】 申請・承認・経理業務の効率化、中小企業が選ぶべき「経費精算システム」は? 【Donuts】
会計システム 会計システム 会計システム 会計システム 会計システム
各企業における最適な予算編成を実現するグループ経営管理システム。「柔軟性の高さ」と「使い勝手の良さ」を兼ね備え、経営管理の効率化を支援する。 交通費・経費精算をスマートフォンやWebで申請できるクラウドサービス。駅すぱあと連携、仕訳データ出力、FBデータ作成ができ、作業時間の短縮、効率化が可能。 財務・管理会計を統合し、他システムとの連携性と充実した管理会計、決算日程の短縮にこだわったオールインワン会計システム。 iPad発売後すぐにサービス提供を開始。全世界2万店舗以上で利用されているiPad用POSレジアプリ。簡単で使いやすく「何が」「いつ」「誰に」売れたのかを自動で記録できる。 申請・承認・経理業務の効率化、中小企業が選ぶべき「経費精算システム」は?

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20049462


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 会計システム > 会計システムのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ