クライム、仮想化対応の統合災害対策ソリューションを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


クライム、仮想化対応の統合災害対策ソリューションを出荷


掲載日:2013/08/20


News

 株式会社クライムは、米国Veeam Softwareが開発した、VMware vSphere/Microsoft Hyper-V対応で使いやすい統合災害対策ソリューション「Veeam Backup & Replication」Version 7の出荷を開始した。

 「Veeam Backup & Replication」Version 7では、自動化されたバックアップ コピー ジョブと内蔵のWANアクセラレーションを利用することで、オフサイトのバックアップが50倍高速化されるほか、現在のSANストレージのスナップショットを活用することで、バックアップ速度を最大20倍高速化でき、RPO(目標復旧時点)の向上を図れる。

 ストレージとリストアのオプションが拡張され、スタンドアロンのテープ、テープ ライブラリ、仮想テープ ライブラリをサポートしている。vCloud Director(vCD)向けに拡張されたバックアップとリカバリを行なえ、vAppメタデータと属性のバックアップ、vApp/VMのvCDへの直接リストア、高速プロビジョニングされたVMのリストアをサポートする。また、Veeam Explorer for Microsoft SharePointを備え、個々のSharePoint項目の高速リカバリに使用できる高度な検索/ブラウズ機能を利用することで、SharePointバックアップを即座に可視化できる。

 セルフサービス リカバリでは、クリック操作でのリストアが拡張され、ゲスト ファイルとVMの高速リカバリが簡易化されるほか、委任オプションを利用することで、安全なセルフサービスを行なえる。vSphere Web Clientプラグインを備え、バックアップの監視、未保護のVM特定の容易化、キャパシティ プランニングの簡易化をvSphereから直接実行できる。Virtual LabがHyper-Vに対応し、バックアップの自動検証、仮想化アプリケーションでオブジェクトのエージェントレス リカバリ、テスト、トレーニング、トラブルシューティングを行なうために、分離された環境を簡単にセットアップできる。また、レプリカ用Virtual Labを備え、レプリカを自動的に検証し、スタンバイDR環境を項目レベルのリカバリ、テスト、トレーニング、トラブルシューティングを行なうためのリソースに変更できる。


出荷日・発売日 2013年8月19日 出荷
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20049452


IT・IT製品TOP > バックアップ > その他バックアップ関連 > その他バックアップ関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ