FJM、製造分野のPLMなどでオートデスクと販売代理店契約を締結

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


FJM、製造分野のPLMなどでオートデスクと販売代理店契約を締結


掲載日:2013/08/20


News

 株式会社富士通マーケティング(FJM)は、製造分野の設計製造プロダクトライフサイクルマネジメント(PLM)ソリューションと建築・土木分野のビルディングインフォメーションモデリング(BIM)、コンストラクションインフォメーションモデリング(CIM)導入支援の強化を図るため、オートデスク株式会社と、販売代理店契約を締結し、サービスの提供を開始したことを発表した。

 オートデスクは米Autodesk,Inc.の100%子会社で、製造、建築・土木、CG・映像分野向けに様々なソフトウェアやクラウド・サービスを提供している。同社の「Autodesk AutoCAD」は設計規模や分野に関わらず汎用的に使用できる。

 今回FJMは、同社とダイレクトバーパートナー契約(オートデスクから直接商品を仕入れて販売するパートナー契約)を締結し、富士通グループ及びパートナーとともに提供していくとしている。

 FJMは同契約により、製造分野の製品企画から設計・開発・テスト・生産・保守までのデータ連携を可能にし、自動車部品・機械製造分野の製造プロセス全体を最適化する製品並びにPLMソリューションを強化していくとしている。

 具体的には、「GLOVIA smart 製造」シリーズやその基盤となるITインフラ「AZSERVICE」などのソリューションに加え、全国のパートナーがもつソリューションや富士通グループのサービスと組み合わせ提供していくと伝えている。

 建築・土木分野については、同契約を新分野開拓の足掛かりとし、FJMとパートナーがもつICT技術とソリューションを組み合わせ、BIM・CIM導入を支援するICTソリューションを開発、新たに体系化していくと伝えている。将来的にはクラウド技術を生かし、自治体と地域企業を包括し地域に根差したCIM構築を行ない、地域の活性化にも貢献していくとしている。

 具体的には、PLM及びBIM・CIMソリューションの推進体制を強化するためサポートチームを設置するとしている。まずは、自動車部品・機械製造・建築・土木分野に注力し、その後更に対応分野を広げていくという。また、顧客の高度なニーズに対しては、富士通グループのSE技術と組み合わせ、ICTソリューションを提供していくと伝えている。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

クオリサイト沖縄データセンター 【クオリサイトテクノロジーズ】 マルチクラウドのスペシャリスト集団が、クラウド環境を最適にカスタマイズ 【東京エレクトロン デバイス+他】 収益力の差はどこで生まれるのか? 成功企業に見るIT投資マネジメント 【CA Technologies】 「クラウド移行ではコスト増」、オンプレミス仮想化基盤の刷新で成功するには? 【日本ヒューレット・パッカード株式会社】 一般企業のITインフラはデジタルトランスフォーメーションに対応できるのか? 【日本ヒューレット・パッカード株式会社】
ハウジング 運用系業務アウトソーシング システムコンサルティング 垂直統合型システム 垂直統合型システム
行政施策を最大限に活用した圧倒的なコストパフォーマンスにて、コロケーション・ハウジングサービスや、監視・運用代行サービスなどを要望に合わせて提案。 マルチクラウドのスペシャリスト集団が、クラウド環境を最適にカスタマイズ 収益力の差はどこで生まれるのか? 成功企業に見るIT投資マネジメント 「クラウド移行ではコスト増」、オンプレミス仮想化基盤の刷新で成功するには? 一般企業のITインフラはデジタルトランスフォーメーションに対応できるのか?
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20049448



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ