採用:京セラドキュメントソリューションズ、IBMのCloudを採用

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:京セラドキュメントソリューションズ、IBMのCloudを採用


掲載日:2013/08/20


News

 日本アイ・ビー・エム株式会社(日本IBM)は、京セラドキュメントソリューションズ株式会社のグローバルで統一したCRMシステムである「FOCUS」の構築に、IBMのクラウド・サービス「IBM SmarterCloud Enterprise+」(IBM SCE+)が採用されたことを発表した。

 「IBM SCE+」は、クラウド環境とそのサービス管理やセキュリティ機能を提供し、企業の基幹系システムにも対応できるクラウド・サービス。同システムは、ラーレイ(米国)、エーニンゲン(ドイツ)のデータセンタで運用され、8月より本格稼働を開始した。

 京セラドキュメントソリューションズは、業務効率の改善に繋がるトータルドキュメントソリューションの提供を目指しているという。米国、欧州、アジア向けのビジネスを強化してグローバル展開を進めるためには、グローバルで統一されたオペレーションによる生産性向上や販売強化が重要であり、それらを支えるITシステムの構築を求めていた。また、グローバル・システムの構築と運用においては、迅速かつ小規模から始められ、成長に応じて柔軟に拡張できるクラウド・システムの活用を望んでいたという。

 「FOCUS」は、顧客管理、販売管理、予測管理、商談管理、マーケティングなどの業務を行なうグローバルで統一したCRMシステム。これまで各国別に管理していた顧客管理などの業務を、統一されたガバナンスのもとで一元管理できるようになり、迅速かつ適切な顧客対応ができるほか、ビジネス管理の精度が向上するという。また、クラウド・システムを採用したため、海外ビジネスを今後強化する際には、必要に応じて柔軟にインフラを拡充できる。

 京セラドキュメントソリューションズでは、今回のシステムを活用することにより、販売支援業務の生産性の向上を目指すと伝えている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

「日本アイ・ビー・エム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「CRM」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「CRM」関連情報をランダムに表示しています。

「CRM」関連の製品

日経人事ウオッチPro 【日本経済新聞社】 統合型CRMソリューション Visionary 【フュートレック】 顧客離反を防ぐ「Customer Experience 3.0」による収益貢献モデル 【セールスフォース・ドットコム】 Experian Cross-Channel Marketing Platform 【エクスペリアンジャパン】 Zoho CRM 【ゾーホージャパン】
CRM CRM CRM CRM CRM
もう新聞チェックは不要、6700社・30万人のプロフィールから人事情報を自動収集 「顧客を知る」ための多彩な機能を備え、マーケティング施策の効果向上を支援するCRM(顧客管理)ソリューション。
O2Oに対応した機能により、店舗とECの統合管理が可能。
顧客離反を防ぐ3つの方法――「Customer Experience 3.0」による収益貢献モデル BtoC企業向けMA。保有する顧客データを一元化してセグメントを切り、セグメントごとにキャンペーンシナリオを設計、クロスチャネルで実行するためのプラットフォーム。 世界で5万社が利用するクラウド型の顧客管理・案件管理システム。各プロセスの業務効率化と経営情報の見える化を実現。低コストで導入でき、規模や用途も柔軟に選択可能。

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20049432


IT・IT製品TOP > 情報システム > CRM > CRMのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ