事例:日本ペイント、サイバーのメールアーカイブシステムを導入

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


事例:日本ペイント、サイバーのメールアーカイブシステムを導入


掲載日:2013/08/19


News

 サイバーソリューションズ株式会社(サイバー)は、日本ペイント株式会社がサイバーのメールアーカイブシステム「MailBase」を導入したことを発表した。

 日本ペイントは、塗料メーカーとして、塗料の製造、販売を主事業に、アジア、北米、欧州など30社の拠点で、海外展開を行なっているという。同社は2011年グループ経営を強化するため、“グループウェアの一本化”に着手し、従来異なるグループウェアを使用していた国内各グループ会社は、同社が「Notes」がバージョンアップするタイミングに合わせて、全体のグループウェアを「Notes」に一本化した。 また、以前利用していたメールアーカイブ製品は「Notes」の新バージョンとの連携ができず、運用面の改善必要性もあり、更に他社の製品では過去のアーカイブデータを引継ぐことができないことが判明し、新アーカイブシステムの構築をすることになったという。

 新システムの構築においては、「Notes」との連携は必須条件であり、システムの拡張性、高速なメール検索、コストメリットが要件だったとしている。「MailBase」はシステムの拡張が容易にできる「マルチサーバ」オプション機能、添付ファイル内を含む高速検索機能を備えていることに加え、全体の総費用において他社と比べ約3倍のメリットがあると評価され、2012年8月に採用が決定し、2013年2月に以前のアーカイブデータの移行も終えて稼働した。

 現在「MailBase」のメール検索機能はシステム管理者だけが利用しているが、将来的には、一般ユーザにも利用価値の高い機能であるため公開することも考えているという。また、サイバーに対しては、ユーザの要求に柔軟に対応でき、高い機動性のある企業として評価していると伝えている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「メールアーカイブ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「メールアーカイブ」関連情報をランダムに表示しています。

「メールアーカイブ」関連の製品

Barracuda Message Archiver 【バラクーダネットワークスジャパン】 クラウド型メールアーカイブサービス 「Active! vault SS」 【クオリティア】
メールアーカイブ メールアーカイブ
強力かつ効率的なメールアーカイブを実現するメールアーカイブソリューション。優れた検索機能を備え、必要な情報をすぐに取り出すことが可能。 Google Apps、Office 365と連携可能なクラウド型メールアーカイブサービス。日本語対応で使いやすく、コンプライアンス対策に役立つ。

「メール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20049373


IT・IT製品TOP > メール > メールアーカイブ > メールアーカイブのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ