採用:サノ・ファーマシー、BDのクラウド型グループウェアを導入

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:サノ・ファーマシー、BDのクラウド型グループウェアを導入


掲載日:2013/08/09


News

 ブランドダイアログ株式会社(BD)は、同社が提供するクラウド型統合ビジネスアプリケーション「Knowledge Suite」の導入事例として、秋田市を拠点に全国に33店舗の薬局を運営する株式会社サノ・ファーマシーの事例を発表した。

 「Knowledge Suite」は、利用人数が増えても料金が変わらないユーザ数無制限のグループウェア。

 サノ・ファーマシーの店舗網は、秋田市を拠点としているものの、秋田以外に岩手・神奈川・京都に分散しているため、本社からの新薬などの業務情報伝達スピードと質が劣化する傾向にあり、また月単位の変形労働時間制のため、店舗ごとの申し送り事項の漏れが課題となっていた。

 そこで、業務効率向上と顧客満足度向上を目的として、全社員に業務使用としてiPadを配布決定し、同グループウェアを独自仕様にカスタマイズしてiPadに搭載することにしたという。

 同グループウェアを導入することで、本社からの日々の連絡や薬の最新情報をリアルタイムに共有するとともに、スケジュール管理、出退勤管理の徹底を図り、また文書管理機能、プロジェクト管理機能を活用して、社内ナレッジの共有化と最大化を目指していると伝えている。

 また、カスタマイズを含むサービスについては、株式会社うぶすなの地域情報化・活性化事業の一環として、サノ・ファーマシーに提供されているという。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「グループウェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「グループウェア」関連情報をランダムに表示しています。

「グループウェア」関連の製品

ユーザーの声を反映!社内外の人とのセキュアな情報共有が可能に 【リスモン・ビジネス・ポータル】 複数グループウェア・SFA間のスケジュールを同期 「PIMSYNC」 【セゾン情報システムズ】 グループウェア「desknet's NEO(デスクネッツ ネオ)」 【ネオジャパン】 intra-mart Accel Platform 【NTTデータ イントラマート】 「desknet's NEO」のASPサービス J-MOTTOグループウェア 【リスモン・ビジネス・ポータル】
グループウェア グループウェア グループウェア グループウェア グループウェア
ユーザー数344万超のグループウェアdesknet's NEOのクラウド版。1ユーザー月150円(税別)で25機能が利用可能。ファイル共有サービスなど、オプションサービスも充実 複数のグループウェアやSFAのスケジュールやToDoを同期。同期項目やタイミングなども細かく設定でき、双方向の同期や、繰り返しスケジュールなど高度な同期にも対応する。 HTML5採用で、わかりやすく見やすいインターフェースを実現したグループウェア。全25の豊富なアプリケーションに加え、扱いやすいユーザ/組織管理機能、国際化対応も実装。 JavaEEフレームワークをベースにワークフロー/ポータル/アクセスセキュリティ/モバイルなど業務コンポーネントを揃えたシステム共通基盤/PaaS。ハイブリッドクラウド対応。 305万人以上のユーザが利用するグループウェア「desknet's NEO」のクラウドサービス版。導入実績4000社以上。メール/スケジュール/ワークフローなど、全25機能が利用可能。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20049325


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > グループウェア > グループウェアのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ