採用:明治安田生命、新営業端末としてWindows 8タブレット導入

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:明治安田生命、新営業端末としてWindows 8タブレット導入


掲載日:2013/08/09


News

 日本マイクロソフト株式会社(マイクロソフト)と富士通株式会社は、明治安田生命保険相互会社(明治安田生命)に、営業職員向けオリジナル新営業端末「マイスターモバイル」として約3万台のWindows 8タブレットを導入すると発表した。

 明治安田生命は、9月から順次、同タブレットを活用した営業活動を、国内約1200ヵ所の拠点で展開するという。

 明治安田生命は、事務サービスの抜本的見直しや、顧客へ有益情報を分かりやすく説明する対面サービスの充実などに取り組んでおり、富士通はタブレット型PCの開発ノウハウと薄型・軽量化の技術を用い、OSには企業向けの「Windows 8 Pro」を採用して、各種手続きの電子化による顧客の利便性向上や、情報を分かりやすく提供するためのツールとしてWindows 8タブレットを開発した。

 同タブレットの本体は、厚さ15mm、重さ約880gで、液晶には広視野角の12.1インチタッチパネルを採用している。タッチパネルは、静電容量と電磁誘導の両方式に対応しており、指での滑らかな操作に加えて、付属の専用ペンによる手書き入力や細かい操作もサポートする。また、Windows 8のマルチタッチ操作にも対応するほか、画面上に手を置いたままでもペン入力が可能なため、自然な書き心地で電子署名を行なえるという。

 通信機能は、株式会社NTTドコモのLTEサービス「Xi」に対応し、商品説明用のパンフレットや動画コンテンツをモバイル環境でもダウンロードできる。

 セキュリティ面では、端末に内蔵されたSSDを暗号化しているが、更に、システムセンタで顧客情報を一元管理し、「マイスターモバイル」内にデータを保持しない仕組みを採用することで、個人情報を安全に保てるとしている。

 明治安田生命ではタブレットの利点を生かして、動画を含む各種コンテンツを使った商品説明などにより、顧客とのコミュニケーションの充実を図るという。また、優れたセキュリティを確保しながら、契約に関する事務のペーパーレス化と効率化を行ない競争力強化を図ると伝えている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

「日本マイクロソフト」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ハンディターミナル」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ハンディターミナル」関連情報をランダムに表示しています。

「ハンディターミナル」関連の製品

AsReader 【アスタリスク】
ハンディターミナル
iPhone/ iPod touchに装着して活用できる、ケース型のバーコードスキャナ及びRFIDリーダー/ライター(UHF帯)。

「スマートデバイス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20049324


IT・IT製品TOP > スマートデバイス > ハンディターミナル > ハンディターミナルのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ