アールエムエス、EV SSLサーバ証明書を日本法人に提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


アールエムエス、EV SSLサーバ証明書を日本法人に提供


掲載日:2013/08/08


News

 株式会社アールエムエスは、通常のSSLサーバ証明書に比べ、より厳格な認証で信頼性に優れたEV(Extended Validation)SSLサーバ証明書「EV SSL Plus」の日本法人への提供を開始した。

 “EV SSLサーバ証明書”は、証明書発行業界を代表する認証局ベンダがブラウザベンダなどと連携して設立したCA/ブラウザフォーラムが策定した認証や発行、保守についての運用基準に則って発行される、信頼性に優れたSSLサーバ証明書。厳格な認証の証として緑色のアドレスバーを利用でき、安全性がより視覚的に判断できるため、フィッシング詐欺対策としての効果や、コンバージョンレートの向上などが期待できる。

 「EV SSL Plus」は、EVサーバ証明書としては廉価ながら、従来から提供している「SSL Plus(SSLサーバ証明書)」「WildCard Plus(ワイルドカードサーバ証明書)」「UCサーバ証明書」と同様、1枚の証明書で適用できるサーバ台数は無制限で、異なるOS/プラットフォームにも対応できる。これらにより、経費を削減しながら、より信頼性に優れた証明書を利用できる。

 価格は、1年間有効で4万7200円、2年間有効で7万5040円(いずれも税込)。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

指ハイブリッド認証 【NEC】 クラウドセキュリティ対策をワークフローで整理、弱点を補完するCASBの使い方 【シマンテック】 多要素認証基盤「IceWall MFA」 【日本ヒューレット・パッカード】 高水準SSLサーバ証明書 SureServer/SureServer EV 【ソフトバンク コマース&サービス】 Wi-Fi制御/VPN利用の強制 秘文 Device Control 【日立ソリューションズ】
認証 認証 認証 認証 認証
「指紋」と「指静脈」を組み合わせた複合型認証技術。非接触型指ハイブリッドスキャナ、OSログイン用ソフトウェア、アプリケーション組み込み用ソフトウェアなどで構成。 クラウドセキュリティ対策をワークフローで整理、弱点を補完するCASBの使い方 Webアプリやクラウドサービス、リモートからのVDI接続など、さまざまなシステム利用時のログインをアプリ改修なしで多要素認証化できるソフトウェア製品。 世界で高い評価を受けるSSLサーバ証明書。証明書の発行にありがちな煩雑な手続きを極力省き、確かな企業審査を行った信頼性の高い証明書をスピーディに発行する。 Wi-Fi制御とVPN利用の強制でネットワークの安全な活用を実現するWindows PC・タブレット向けソリューション。通信回線は、無線LAN、3G、LTEいずれでも適用可能。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20049315


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ