矢野経済研究所、生産管理パッケージ市場に関する調査結果を発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


矢野経済研究所、生産管理パッケージ市場に関する調査結果を発表


掲載日:2013/08/08


News

 矢野経済研究所株式会社で、国内の生産管理パッケージライセンス市場に関する調査を実施したと発表した。

 調査期間は1月〜6月、対象は国内生産管理パッケージベンダ、システムインテグレータで、調査方法は同社専門研究員による直接面談、電話・メールによるヒアリングを併用している。

 生産管理パッケージとは、ERP(Enterprise Resource Planning)パッケージの1つのモジュールとして生産管理機能を持つもの、及び生産管理機能に特化したパッケージの双方を対象としている。

 同社は調査結果サマリーとして2点発表している。1つは、2012年の国内の生産管理パッケージライセンス市場規模は、前年比15.6%増の128億3300万円(エンドユーザ渡し価格ベース)と好調な伸びを示したと伝えている。2008年以降、製造業ではリーマンショックによる打撃が大きく生産管理システムに対する投資は落ち込んだが、2012年は順調な回復がみられ低迷期は脱したと判断している。多くの企業が様々な困難な状況を経験しており、生産管理システム投資に対しては慎重になっているが、環境の変化に耐えられる経営基盤を構築するニーズは強く、生産管理システムの戦略的な見直しや再構築が進んでいるという。

 2つめは、2013年の国内の生産管理パッケージライセンス市場規模は、前年比13.5%増の145億7000万円(エンドユーザ渡し価格ベース)になると予測している。2012年度の大手製造業の決算が良好だったことや、アベノミクスの効果による景気回復への期待が高まっていることなどが、市場を後押しする要因となっているという。特に、海外拠点での生産管理システム導入ニーズは引き続き好調に推移し、国内の生産管理パッケージライセンス市場を牽引する要因になるとしている。円高は修正されたものの、国内市場縮小の影響や海外新興国での市場獲得への期待があるため、必然的に需要地に近い海外での生産が増加し、新たなシステム投資先として、海外が重視される傾向が続くだろう述べている。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

ExchangeUSEワークフロー 【富士電機】 「機械学習=面倒」はもう古い、Azure ML活用ソリューションの便利度は 【日立システムズ+他】 QlikView 【クリックテック・ジャパン】 Qlik GeoAnalytics 【クリックテック・ジャパン株式会社】 クラウド導入後の「ベンダーロックイン」を回避、バックアップ活用のススメ 【CommVault Systems Japan】
ワークフロー データ分析ソリューション BI BI バックアップツール
1700社以上の導入実績を誇るワークフロー専用パッケージ。複数会社運用、マルチベンダERP連携に対応。業務特化型〜汎用型ワークフローまで、全社申請業務を運用可能。 機械学習によるデータ分析は用意が大変で、運用にコストがかかる。そんなイメージを変える「Azure Machine Learning」活用の新サービスが登場した。 購買明細の迅速な分析でコスト削減、NTTデータが実現した「戦略的調達」とは? デモ動画で分かる「地理空間分析」、マッピングによる情報分析の実践活用法 クラウド導入後の「ベンダーロックイン」を回避、バックアップ活用のススメ
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20049292



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ