NTTデータ経営研究所、企業のソーシャルリスニングに関して調査

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NTTデータ経営研究所、企業のソーシャルリスニングに関して調査


掲載日:2013/08/07


News

 株式会社NTTデータ経営研究所は、NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社が提供する“gooリサーチ”登録モニターを対象に、“企業によるソーシャルリスニングに関する動向調査”を実施したと発表した。

 ソーシャルリスニングとは、Twitterなどのソーシャルメディア上の投稿情報を分析する手法。企業では自社のソーシャルメディアサイトだけでなく、各種ソーシャルメディア全体の中で人々が日常的に語っている会話や自然な行動に関する投稿データを調査・分析し、マーケティングなどに活用する同手法に取り組み始めているという。また、SNS投稿情報というビッグデ−タを解析するテキストマイニング技術など情報技術の進化も企業による取り組みを加速化させていると伝えている。

 今回の調査は、現時点での“企業によるソーシャルリスニングに関する動向”を解明すべく実施されたとしている。

 同調査によると、ソーシャルリスニングのメリットとして71.8%の企業が“タイムリーに顧客の声を把握”できること、69.8%の企業が“お客様窓口に寄せられないようなサイレントカスタマーの声を把握”できることを挙げている。

 また、対象とするSNSとして、36.0%の企業がFacebookを、30.1%の企業がTwitterを挙げているとし、実施目的としては、43.1%の企業が“現状の顧客の声の把握”を挙げていると伝えている。

 実施状況としては、43.4%の企業が“自社の風評や炎上、機密情報の漏洩などに対するソーシャルリスニング”を、39.5%の企業が“自社の商品・サービスに関する投稿数やポジティブ・ネガティブ件数の定量的な把握”を実施しており、ソーシャルリスニングはそれなりに浸透してきていると言えるとしている。一方、65.0%の企業が“SNS投稿情報を調査分析する要員が不足”を課題としていると伝えている。

 テキストマイニングなどの調査分析ツールとして、32.6%の企業が“分析ツールを導入して自社社員で調査分析”を実施しているとし、海外対象国では、14.0%の企業が米国を、12.0%の企業が中国を対象としていると伝えている。



  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

IoTのハードルを飛び越えるには企画〜開発までどう進めるべきか 【ソフトバンク】 次世代データセンターの能力を決める6つの要件とは 【ネットアップ】 5つの原則に見る、次世代データセンターの姿とは 【ネットアップ】 インバウンドに最適ソリューション!観光ルート提案サービス 【駅探】 事例で検証! Office 365 はコミュニケーション活性化の切り札か 【大塚商会/日本マイクロソフト】
無線LAN データセンター運用 データセンター運用 その他開発関連 グループウェア
IoTのハードルを飛び越えるために、企画から開発までどう進めるべきか? 6つの要件から理解するストレージのQoS、次世代データセンターの能力を決める鍵 5つの原則に見る、従来型データセンターの課題と次世代データセンターの姿 インバウンドに最適ソリューション!観光ルート提案サービス 事例/ Office 365で変えていく。社内コミュニケーションの質と量
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20049264



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ